拝啓 貴社ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。平素は弊社にひとかたならぬご厚情を賜り感謝に耐えません。

さて、私どもメディヴァでは東日本大震災で被災した医療機関に対してなんらかの支援をしていくことができないか、検討を重ねた結果、被災地の医療機関の再生支援をP3/P4のスキーム案に従って、実施して参ることになりました。

具体的には特定公益法人 日米医学医療交流財団を母体とし、「東日本大震災医療復興プロジェクト」を立ち上げ、弊社が事務局機能を担いつつ、プライマリケア学会、地元行政、地元医師会等々と連携し、被災地の医療機関の再生をはたしていく構想です。

弊社としては被災地の実情を調査し、再生のためのプランニングを計画した上で、被災した地域、医療機関に向けて支援を行う所存です。復興を求める病院、クリニックは被災地の地元医師会を通し手上げをしてもらい、手が挙がった医療機関をプランと照らし合わせながら検討し、優先配分するなど、被災地のニーズとあるべき医療サービス像のすり合わせをいたします。また、東北地域はそもそも医療過疎であったため、「元の状態に戻す」だけではなく、「あるべき姿」を考え、必要な地域には新たな診療所の設立、在宅医療の促進、遠隔医療の実験等も視野に入れております。運営の公正さを確保するために、大学教授や学識経験者等の運営員会を設立し、寄付先等も常に公開するなどをしてまいります。

つきましては、医療機関再生のための資金の寄付、デモ機など検査機器・医療機器のご提供、廉価での販売等を広くつのっております。寄付や機器提供をいただいた企業様、団体様には「どの地域の、どの医療機関の、何に活用されたか」をフィーバックさせていただきます。

尚、朝日新聞社が今回の試みに興味を持たれており、取材を予定しているとのことです。(新聞掲載を望まない企業様のお名前は伏せることも可能です)

まことに勝手なお願いではございますが、私どもの趣旨をご理解いただきご協力賜わりますよう、謹んでお願い申し上げます。


詳細は下記サイトをご覧ください。

http://iryouhukkou.blog.fc2.com/



株式会社メディヴァ
代表取締役 社長 大石佳能子
mediwa at 14:18 │Comments(1)TrackBack(0)
カテゴリ別
当サイトの運営元
◆ 株式会社メディヴァ
(2000年6月設立)

元マッキンゼー・アンド・カンパニーのコンサルタントと数名のドクターによって共同で設立された医療コンサルティング会社。産業界のノウハウを医療界に転用し、医療機関におけるより良い患者サービスと経営効率の確立を目指している。

昨今は、クリニックの開業・経営支援、病院コンサルティング、各種ヘルスケアサービスのプロデュースを手がける。
本案件に関するお問い合わせ
◆ 本案件に関するお問い合わせ
株式会社メディヴァ 
広報担当: 園田
Tel: 03-3709-2992 
Fax: 03-3709-2982
support(@)mediva.co.jp
http://www.mediva.co.jp