空を見上げて
トップページ » 時々ね、思うのよね。 【Blue Bird In My Cage】

時々ね、思うのよね。 【Blue Bird In My Cage】

…シリアスにね…

まあ、元々、時々だけど、
極端にマイナス方向に悩むとこがあるのよねぇ。
鬱になってから。<今は、そんなにひどくないんだけど。

普段は、適当がモットーなわりと楽天的な人間なんだけど。
てか、そうなろうとマインドコントロール……(苦笑)

大概、自己完結しちゃう咲季です、こんち。
<口に出して相談が苦手なだけでもある
 単に、何も考えていないときもあるけど。
 =感覚で考えてる。>自分の感情を言葉にするのが苦手。
 よくそんなんで、福祉の道に入ったよ。

で、最近のは、異動のことが発端なんだけど。
自分は、何でこの道に進んだんだっけなぁ、みたいな。
<今日のNHKの21時〜の番組を見たためでもある。

最初――ホントに最初は、
ただ勉強するのが嫌で、資格が欲しかったから。
もっと上を求めたのは、
このままでは、施設、こちらの都合で介護しそうだったから。
知識と側面からの考え方も身につけるために。
あと、給料のため。
<…良くも悪くも、大学でて資格持ってると得なのよね。
ああ、いつまでも介護は出来ないだろうと思ったためでもあるかな?
身体的にも、性格的にも。<腰痛持ちだし、めんどくさがりだし。
社会福祉士の資格を持っていれば、相談員もできる可能性が広がるから。

だけど、もう少し経験を積んでからのつもりだったんだよな…


人生って、難しい。
でも、プラスにはなると、思う。たぶんね。

逃げてらんないし。
まだ早いって、逃げてもよかったんだけど。

で、今日は、そんなことでグルグルしながら、
大人買いして、ほぼそのままになっていた小説を読んでました。
あと、久々に買って、今日届いた同人誌も。


Blue Bird In My Cage

 見上げる空を 何かが横切った

 ――鳥だ

 蒼い羽が空の輝線を描く
 太陽に照らされ
 鮮やかに輝く

 何故だろう
 涙が溢れて 止まらないんだ


 ずっと探し求めていた
 自分だけの青い鳥

 見つけたのは
 眩しいほどに自由で美しい……


 「この身が青い鳥だというなら」
  ――もしも力があるのなら
 「あなたに幸せをもたらすと誓うよ」
  ――すべての力は あなたのために

 つないだ手から
 伝わるのはぬくもりと
 互いを想う あまりにも深く大きな愛情

 盲目の愛は 時に 残酷なまでの世界を描くけれど


 溢れる想いは言葉にならず
 息苦しいほどの愛しさで

 自分だけの青い鳥を
 この両腕の中に閉じ込めて

 口接けで鍵をかけた

 君が 歌う鳥だとしても


 蒼い羽が空の輝線を描く
 太陽に照らされ
 鮮やかに輝く

 ああ
 涙が溢れて 止まらない

 思い出した
 本当の倖せ


 盲目の愛は 狭い世界を創りだした
 けれど
 育った愛は 世界の美しさを知る

咲季mee9908  at 22:30
コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星