『秘密の手紙―0から10』 児童書。
スージー・モーゲンスターン著 白水社

主人公の男の子はもっと暗くてひねくれた子かと思っていたら
違いましたね。
同じようなテーマを扱ったものは多々あれど
これはとてもさわやかに終われて、とてもすっきり。
まわりの人たちのさらっとした優しさや
主人公が成長していくステップがとてもテンポよくて
読みやすい一冊でした。
主人公たちの交わす会話も、いい感じです。