4488025544冬雷
遠田 潤子
東京創元社 2017-04-28

by G-Tools

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
大阪で鷹匠として働く夏目代助。ある日彼の元に訃報が届く。
12年前に行方不明になった幼い義弟・翔一郎が、遺体で発見されたと。
孤児だった代助は、日本海沿いの魚ノ宮町の名家・千田家の跡継ぎとして引き取られた。
初めての家族や、千田家と共に町を守る鷹櫛神社の巫女・真琴という恋人ができ、幸せに暮らしていた。
しかし義弟の失踪が原因で、家族に拒絶され、真琴と引き裂かれ、町を出て行くことになったのだ。
葬儀に出ようと故郷に戻った代助は、町の人々の冷たい仕打ちに耐えながら、事件の真相を探るが…。

久しぶりに感想を綴った理由は辻村さんだけではなく、遠田さんのこの作品のせいでもありました。
ストーカーだった女性の遺言から始まる冒頭、今回は少し感じが違う?と思ったのですが、重厚な遠田さんらしい作品でした。
地方の因習、血縁・・・、遠田さんにしか描けない重苦しさ。
冒頭で自殺したことが分かっている愛美の代助への粘着が怖い。
愛美の書いていた日記の存在、代助には全く覚えがない二人の愛の日々・・・
ただの妄想日記かと思っていたら・・・。
愛美の存在が代助と真琴の愛を壊したのかと思っていたのですが、いやいやそんな簡単なことだけではなかった。
千田家の血縁をめぐる様々な人たちの感情がここまでもつれ込んでいたとは・・・
千田家の当主に投げつけられた代助への言葉、代助の心が千切れていく、それが何度も繰り返され・・・
地方ならではの因習、都会から見たらちっぽけすぎることなのに、それにとらわれ、多くの人が狂わされていく。
姫と怪魚の伝説を絡めて描かれる幻想的なシーンも良かったです。
ゆっくりじっくりと今のペースのまま作品を紡いでほしいと感じる作家さんです。