グレースママ

ワァー マンションの内扉を、ストライザーにまたがった とく!!
そして後ろから、グレースがもものベビーカーを押して目の前を通り過ぎる。
“アー バーバ、 バーバも公園行く?”
“いやバーバはお仕事あるから”
“OK、じゃあ レッツ ゴー  トゥー ザ パーク!!”  とくは、いつの間にか英語でグレースと交渉して、公園へ毎日連れだしてもらえる。日は出ていても、枯れ葉が落ちて、木々のかげに、都会の公園はビル風が吹く。寒いから、誰も遊んでない。今 風邪やら、はやりめで、子供たちは消えている。
だけど、とくも、ももも、走り回って、砂遊びが大好き!! 私もまどかも、公園は楽しくない!! グレースママがきてから、とくと、ももは、楽しくてしょうがない。
“うちの孫たちは、今考えると、すっごいストレスだったのよ”
“月〜金は、バレエにお稽古に、お受験でしょう。”
“おかげでいい幼稚園や学校には進学できたけど”
“それがいいのかどうか、末口さんのお孫さんは自由でいつもにこにこ元気でいいわねえ。”
バレエのお姉さんが話した。
たしかに、元気印のとくともも。中でも、ももは私の子供の時の性格にそっくりらしく、いつも何かをねらっている!!(万引家族) ショッピングセンターでは、必ずレジ前では何かをしっかり手に握っている。
討ち入りの日、大手デベロッパーの方が、ももと同じくらいの男の子を連れてこられた。その子のミルクびんに近づいて一歩一歩進んでいる。瞬時に奥様がミルクびんを手に取った。ももは、かみつきはしなかった。けど、ペッとつばをはいて、威嚇した。それをすかさず、いっこ姉ちゃんが見ていて、“あー、シーコそっくり!!”って笑っていた・・・・。私は、いっこ姉ちゃんの浴衣が欲しくて欲しくて、いっこ姉ちゃんにかみついた!!
“めぐるめぐるよ時代はめぐる・・・・” 3代目の社長もすでに、3人そろった。

「すべての経済的な問題は、財(ヒト、モノ、カネ)が希少であるということから生じる。財が希少である以上、できるかぎり効率的な方法で利用しなければならないはずだ。そして市場メカニズムが機能している環境において、効率性を実現しているというシグナルになるのが、儲けなのである。したがって、儲けを追及するということは、限りある貴重な財をできるだけ効率的に利用するということになる。世界中を見回しても、経済的に豊かな国のほうが、基本的人権が守られているという現実を否定できないはずだ。日々儲けを追及している我々は一片の骨を巡って争う犬ではない。人類の平和と幸福のために、競争しているのだ。」 MBAファイナンス

1才〜3才で、すでにその子の性格と好きなことができあがってくる。この時期、とくとももはできるだけ自由に自分を見つめる。“なぜ、なぜ、どうして” に、しっかりと答える。たくさんの体験とチャレンジをさせたい。ママに、パパ、そしてバーバ、死んだひいジージ、そして、シーにフーにカー、オオタシャン、タカザワシャン、コズエ先生・・・・、たくさんの会社の家族に加えて、グレースママができた。 よかった。

ルビンのつぼ

ゆずを3個買い求めた!!
2018121805280000















毎日一個ずつお風呂に半分切れ目を入れ、ポカンと浮かべる。
冷えきった身体に、じーんとゆずの香りとあたたかいお湯がやさしくふんわりと広がっていく。
ウンダア マズマズダベェー 最近 おしん漬け だから、言葉までリスニング効果がでてきた。それに、夜があける前の漆黒の闇。シャツを2枚重ねて毛糸のカーディガンにセーターで帯をする。(お腹を冷やさないように) しんしんと冷えたリビングで、(あえて暖房はつけない)、あったかーいコーヒーを両手に包んで、ゴクリと飲む。
ウァー ウメェース こんな贅沢な そして ちあわせ(小さな幸せ!!)を一日の中にちりばめて、キラキラとした宝石箱の一日を過ごそう!!
心が、せちがらい世の中で、もみくちゃに疲れないように!! それには、少しの工夫と、少しのごほうびと、ゆったりとあせらない時間をつくること、突っ走る自分に待ったをかけて・・・・。
いすの下にはろくが、スポンジグリーンと
2018121805290001

















ヘルパー洋子さんがいけてくれたアルキサンドラのめしべに花粉が、
2018121805280001

















花が重いから首がたれるといっていたから・・・ 黄色い花粉をハサミで落として、たれた花はサラダボールに!!
2018121805290000















鳥も、花も、・・・・・ みんな今日一日を、しっかりと生きている。心があったかーいと身体もポカポカに温まってきた。
さあ、まだまだ夜明けまでの漆黒を楽しもうと。
2018121521370001





「向かい合った二人の横顔なのか、一個のつぼなのか、簡単な図形が異なる二つのものに見える。あの有名な図形は心理学者の名から、
ルビンの壷 と呼ばれるそうだ。見るたびに、人の知覚の不思議を感じさせる図形だろう。図形だけでなく、人は同じ現実を見ても、異なるものをイメージすることがあるらしい。米国を目指し、メキシコに集まる数千人の移民集団である。
国境の向こうで、トランプ大統領は、多くは冷酷な犯罪者 集団を見る。侵略者とも言った。
壁のこちら側、メキシコ発の報道をみると別の顔、別の絵がある。犯罪への恐怖と貧困でやむなく母国を離れ数千キロを歩いて米国へ向かう人々だ。あまりの低賃金に、母国での生活をあきらめ、二人の子と何日も歩く女性。稼ぎ頭だった父をなくし、旅立った15歳の少年。ギャング集団の脅かしに国を出た若者もいる。貧困も犯罪も米国の問題ではない。国境を閉ざしたい心理もわかる。ではあるが、相手を見誤れば悲劇が起きよう」
2018.11.30
筆洗

1
24時間、誰にでもフェアーに平等に割り当てられた時間。あの人が話す言葉は、すべて正しく、しっかりとした内容だった。ビジネスの肝をしっかりと捉えている。
36年間英会話スクールを続けてきた 私はと、彼の年齢はほぼ同じくらいかナあ。
ついメモをできないのが残念なくらい、彼の学びに感心した!! 私は彼の話のレベルに到達するために、
36年をついやしてしまった。すっごーい回り道をしている自分が・・・・・ 
それでも、
まずまずだんべえと心から楽しく笑いが込み上げてきた。彼はしっかりと出口戦略まで、仕込んでビジネスをみる。王道だ!!
私は、会社をとりあえず80歳定年としている。私にもそれでもあと20年もの時間が約束されている。独立して16年目。まだまだターニングポイント!! このゆったり、寄り道ペースでも、どこまで行けるか未知の未来がある。
若く、きれる、エリートの彼!!
もし、ビジネスが一緒にできれば、私も、しっかりと学ばせてもらえるだろう。
ルビンのつぼは、右脳と左脳の二つの見方!!
世界が2倍に広がっていく。

マーケット視察

とく、もも、私とヘルパー洋子で、今日はお出かけ。
青山一丁目から銀座線、渋谷で降りて、1階2階3階と地下へもぐる。東横線に乗換えて、目的のショッピングセンターへ!! 私はももを抱っこ紐で、身体にくくりつけている。けっこうずっしりと重い。
ヘルパー洋子がとくの手を引いて? とくはヘルパー洋子の手を引いて? 階段を一段一段とゆっくり降りていく。日曜日でよかった。まだ午前中はビジネスマンたちが動いていないから、人は少ない。子連れバーバたちは、カメのようにゆっくりゆっくり でも 歩いてOK!!
店の1階は食料品店グローサリーストアーになっている。ズラーリと惣菜コーナーが並ぶ。そこから肉、魚はすべてパックもの、あれ野菜コーナーは? ここへ買い物にくる人のお財布の中身、生活の様子を、グローサリーの中をみて歩く。以前は、あわびをおいているかどうかで出店を決めていた。最近は? (オマールエビの水槽があるかどうか?の生活の世界もある。このレベルは、超お金持ち、多分メイドやコックが家にいる家庭) アワビもオマールエビもないにしろ、ここは東京都内でも人気の街。しっとりとした奥様たちが住むおしゃれな街だ。3階のその区画には、今はテンポラリーで、パック屋さんが入っていた。聞き込みをすると、とくとももを放し、お客様のふりをして・・・・。 “土日と平日の集客” “そして子供たちは?” あとお店を歩いている人たちの様子、トイレ、子供用のオムツ換えの場所、ゾーニング、駐車場・・・・。
よし、リサーチ終了。だいたい集客がどれくらい見込めるか見えてきた。あとは交渉で数字を詰めていく。思えば、25歳からすでに36年間この仕事をしてきた。前の会社では、250店舗の出店を行い、独立してから84店舗、そしてこれからも・・・・。目はそれなりに肥えてきた。

「65歳以上の5人に1人患者に。 この数字700万人
脳の神経細胞が減少し、記憶障害や徘徊などの症状が出るのが認知症です。認知症の高齢者は2012年に約460万人。25年には700万人まで増加し、65歳以上の5人に1人がなるそうです。認知症患者の増加とともに、患者の金融資産の扱いが課題になっています。35年には有価証券全体の15%が認知症患者が保有するとの予測もあります。認知症で判断力が低下すると、資産運用が難しくなり、市場の流動性が低下するとの懸念もあります。認知症の治療法は、現時点では見つかっていません。認知症の原因は、アミロイドベータやタウなどのタンパク質にあると考えられています。世界の製薬各社が治療薬の研究に取り組んでいますが、失敗が相次ぎ抜本的な資料薬はまだありません。近年は認知症の治療に加えて、予防につながる創薬研究も活発です。」

2015年460万人、2025年には700万人。あと7年で私も68歳になるから、5人に1人の中に入る。35年には有価証券の15%を患者が保有する。というと、そのころは78歳だから、たしかに私のPA(ペーパーアセット)もその15%の中に入る可能性も大きい!?!?!
私は3年前、すでに遺言書を公証役場に提出して、三井銀行が間に入って管理してもらっているから、ボケても問題はないが・・・・。ただ、会社経営の株は今のところすべて私が持っている。3年前、創業16年くらいだから、利益どころでなかったから、相続する人の心配はいらなかったが、これから先、お店ももっと増えて初期投資も回収していけば・・・・と、考えると恐ろしい。しっかりと、5ヵ年計画を立てて、次の方向性を考える時期にきた。

“やっぱりバレエは、足、腰がしっかりしてくるネエ。”
ヘルパー洋子さんは言った。
“ヘルパーさん、これどうしたの?”
とくが、洋子さんの手首に巻かれた肌色の湿布を指さした。“アーこれ、使いすぎちゃった” ヘルパーさんは、私のやかんを磨いたり、編み物をしたりと、手首に負担がかかったんだ。そして、ほとんど家の中で生活しているから・・・・、足腰も弱っている。
“あー 今日 街に連れ出してくれて、よかったわあ”
洋子さんはポツリと言った。
そう言えば、私は、人と一緒に歩くと、ついずんずんずんと一人で先に行ってしまう。
けど、じいちゃんも、ナティも、ヘルパー洋子さんも、あとヒロくんもまどかも・・・・ けっこう歩きが遅い!!
けど、思ったより、とくはバーバの歩調とガチいける!
よし、オレたちで牽引していくぜぇ!! Go Go Go
ランチは渋谷マック ハッピーセット
2018121612000000




3人プラスお友達
2018121611090000




バーバ この店 イイヨ!!
2018121611080000

記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

末口静枝

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ