幸せの日本人のふり

先生がプンプン怒ってる文章が載っている。
「本音のコラム 法政大学 竹田茂夫 幸せな日本人」
竹田先生の視点、すっごく参考になるので、私はいつも講師会でマクロ経済の話をする時に、参考にさせて頂いている。なぜ、幸せな日本人に対して、先生がプンプンなのか?
「阿倍政権の場当たり的な経済政策には理由がある。政権の本音が内外で強権を振るう強面(こわもて)の国家作りにある。経済は国民を引き寄せる餌にすぎないからだ。政策思想は新自由主義や新旧のケインズ主義とマネタリズムの混合物だ。政策は実現不能でも構わないし、目標と実現値が離れても意に介さない。黒田日銀がいい例だ。“2年で2%のインフレ目標達成”は見ての通り、急きょ策定した 新“3本の矢 ”のでたらめさも米政権に匹敵する。名目GDP600兆円、希望出生率1.8%、介護離職ゼロをどう実行するのか。“人づくり革命” なる珍スローガンも出てきた。大衆迎合の日米政権が成立したもっと深い理由は、格差拡大やグローバル金融の不安定化で行き詰った資本主義をどうさばくか、決定打がないからだ。
株主価値重視のために、企業統治を形だけ導入しても、東芝、三菱自、東洋ゴム、日産、神鋼と不祥事が続く。
その背後で職場統治と勤労の価値観が確実にむしばまれていく。
賃金低迷や非正規の拡大や、老後の不安があっても、新卒者は売り手市場で、失業率は歴史的低水準。原発も爆発しそうにない。
“もりかけ”問題などは生活に大した意味はない。だまされたふりをして、当面は自公に任せようというわけだ。幸せな日本人!  2017.10.19 」

だまされたふりをして・・・・、幸せな日本人。
本当にでたらめな政治、一部の人が日本国民から甘い蜜を吸う。
しっかり見えてるけど、・・・・。まず幸せな日本人でいるためには、ドロドロの政治の世界を見ないようにするしかない。次々に告発したジャーナリスト達が命を奪われる恐ろしい時代だ。
だから、先生も気をつけてほしい。強面の国家に!! 
そしてだまされたふりをした幸せな日本人は、うたれ強い。それでも弱者の戦略がある。ランチェスターだ。
大量戦では、必ず、兵器の数や兵士の数、お金、情報の量、すべてで負ける。
だから、局地で一騎戦に持ち込むしかない。
そして、ニッチにやつらがやってこない地の果てまでも、開拓するしかないこともわかっている。 
幸せなふりをしている日本人に、もしかしたら、天の光がさす一点もあることを念じ信じる。先生いつも恐れず真実を叫んでくださってありがとうございます。

19日運勢 (先勝)松風庵主
とり年 尺取虫な曲がれば次は伸びる。不遇は他日の発展の基となる。

遠心分離機にかける

「16日東京株式市場で日経平均株価が10日続伸し、約21年ぶりの高値を付けた。日本でデフレが始まったのは19年前。(1998年度) 株価はデフレ前に戻っているわけだ。株価は経済の先行指標。脱デフレが遠からず実現することを示唆しているとの見方も出るかもしれない。
ただ忘れてはいけないことがある。物価低迷が長引き、緩和的な金融環境が維持されるとの予想が株高を招いている面も消えていない。・・・・。日本株高に業種の裏づけがあることは、正当に評価すべきだ。金融緩和というつっかえ棒がなくても株価が力強く上昇する。本当の脱デフレとは、そういう状態のことではないか。」
 マネー底流潮流 編集委員 清水功哉  “デフレ継続で株高の側面”

表参道の交差点を小走りに歩く。今日はとくと一緒じゃないけど。横にとくがいるような感覚が残っている。あ!!危ないナあ、人と人の合間をぬって自転車が倍速ですり抜ける。あー目の前を横切って自分の道をおかまいなしに歩く人。
何だろう、ギスギスとした歩きにくい道だ。周りのことを考えない人であふれている。これだと、ちょっと動く方向にフェイントをかけると、すぐ玉突きだ。
ニュースでは、先生の生徒への体罰、2回目の離婚、パナマ文章のジャーナリスト殺害・・・・。心が病むニュースが流れる。
ふわーあ “テレビ消してよ” とくがいやがっている。ところで、株価が上がっても、私も含めて殆んどの人に恩恵はない。だって、株のオーナーじゃないから・・・・。
物価なんて上がらないほうがいい。だって消費者だから、デフレは過ごしやすい。だって物の値段が安いから100均でけっこう揃う。インフレはいやだ。
ものごとは、立場によって変わるから。だから、しょうがなくポートフォリオを組んで、国の圧力によってインフレに振れていくとしたら、しょうがない物の値段は上がり、虎の子の1万円札も、小さくなってしまうから、借金をしておいたほうが得策だ・・・・。などと裏知恵を働かせる。
いろいろな悩みの中で、私を助けてくれる時間は、身体を動かすこと、汗を流す時間、美しく楽しい音楽に合わせて、心を開放する瞬間。
ブラジルから先生がまたトロフィを持って帰ってきた。1週間ぶりだったけど、私は桃枝が生まれたり、いろんな濃縮された日々だった。
だから1年くらいにも感じていた。
“久しぶりですネ”
でも、先生の左腕、右横腹は、ワルツを踊ると、あー!!そうだ。と、身体が覚えていた。
先生がなぜか今日は小さく思えた。ブラジルへは、ドウハ回りじゃなくて、アメリカから飛んだらしく、荷物チェックで、ドレスやら何やら、ダンスのための荷物が足止めをくらい、しかもトランクも壊されたようだ。アメリカの税関チェックはより厳しくなっている。
いろいろあるナあ。
でも、バレエでは、スシュー、まわる、スシュー、まわる、スシュー、まわる、まわると、その場でくるくるくるくる。と、コマのようにあや先生がレッスンをした。
まるで自分が、遠心分離機になったようで・・・・。
自分が回るたびに、濃縮されて、汗が飛んで、自分の結晶が最後に残る。最高に楽しかった!! ありがとう。
いろんなことが全てくるくる回って吹き飛んで、私の結晶が、最後にキラキラと光っていた。

卒業

バレエに少し早めに行って、ストレッチをする時間。これが私の楽しみのひとつだ。
井戸端会議という言葉があった。そんな感じで打ち解けてしがらみがない仲間と責任の伴わない会話をかわすことがストレス発散。
“末口さん、ガセネタなんだけど、私たちが怒ってるって言われてるみたい。”
“えー、私たちが怒ってるって”
私たちの大人のバレエは3段階に分かれていて、A、B、Cみたいにナンバリングされている。私たちのグレードは一番下のランクで基本に忠実な基礎レベル。だけど6年前から先生がボランティアでトウシューズのレッスンをやって下さっていた。それを他のグレードの先生からストップがかかり、みんなトウを履きたいということで上のグレードに移った。お蔭で私たちのグレードはすごく少なくなった。まだ残った人と新しい人達で人数が減って淋しいけど、何も変わらない静かな海だ!!
“私たちが怒ってる!?” “どうして?”
“ねえ、マザーテレサの言葉知ってる? 愛すること、愛情の裏返しって何でしょう。愛のま逆にあるのは、裏切りや、憎しみ、いかり、相手を嫌うことじゃないんだ。愛することの裏側は無関心なの。心が無。何の関心ももたない、ということらしい・・・・”
それって、淋しいネ。
会社でも、やめたーいって言う人がいたとして、あ、そう!! なんて言っちゃいけないんだ。だって・・・・。
夫婦間だって、別れて下さい、あなたのこと嫌いですって言ってる時は、ごめん僕が悪かった、だから別れないでって・・・・、何とかまたうまく走り出す。
心が無関心、愛がなくなってしまったら・・・。というか、私たちは生徒という同じ立場、怒りようがない。だって自分のお稽古のためにバレエに来ているから、人は人、自分は自分。それぞれの目標があって、自分のグレードは、自分と先生と相談して決めることだし・・・・。それにしても、そんなガセネタを流す人たちって、よっぽどここを愛しているんだナあ。愛の渦の中で、何かが見えなくなっている。

「あれはいつのことだったか。学校から帰った自宅で毎日楽しみにしていた番組 “天才テレビくん” に対する興味が自分の中で完全にゼロになったのを自覚した瞬間は。惰性でチャンネルを合わせ奇抜な格好をした子供たちが繰り広げるノリや内容に “もうついていけないな” と思ったことを私は覚えている。なんだか妙にさびしかった。人は卒業する生き物だ。幼児がアンパンマンを卒業するように、来るべき時が来れば自然と、という感じ。少女マンガ誌やティーン向け雑誌なんかは、ターゲット層が明確なので、そこから逸れてもしつこく読み続けていると、一人だけ留年してるような居心地の悪さを感じる。年齢より趣味要素が強い場合、以外と自分でも、その時期が来ていることに気づかなかったりする。“私はこれが好き” という気持ちの点検を怠り、卒業のタイミングを逸らしている。先日、インディーズのティーン映画について、上映後にトークするイベントに登壇した。十代しかでてこない青春映画。“山内さんはどうして、こういう映画が好きなんだと自分で思われますか?” という質問がよせられ、はてと自問した。どうして?
“自分の青春がたいして面白くなかったから。映画で追体験して補完しようとしているのかもしれません。” と私は答えた。それから長年こういう青春映画を観続けて、欠けていたものが、もう充分に補われたので、もはや昔ほど興味を持っていないことも、ついでに告白した。
村上春樹さんが、「老いるとはどういうことか」「青春と呼ばれる心的状況の終わりについて」エッセイによると、彼の中で青春が終わったのを感じたのは、30歳の時だったそうだ。日に日に自分の若さが目減りしている感覚があった。自分の若さが本物でなくなる前に急げ急げと逸る気持ちで・・・・」 
   プロムナード  こんにちは中年  山内マリコ(小説家)

そうか、卒業していったんだ。みんなは、基礎クラスを。だから、おめでとう!! また次のグレードで頑張ってネっておくりだした。
そして、私は、両足でつま先立ち10年、右足で10年、左足で10年と考えている。今はまだ右足の途中。ちょうど一回目の青春が終わり、次の青春に向けてチャレンジが始まった。
当分卒業できないナあ。
記事検索
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ