2013年10月

今日も空は雲に覆われている

高い秋の青い空が見たいなあ。
天気と心は少し連動しているのか、ボンヤリとした朝だ。
ジョン、ドロシーのプロジェクトチームは、来年の指導内容を映像化し、ビデオ撮りを進めている。
マニラの薫先生からは、ホームページイベントコーナーに載せるスカイプnewsのお便りが来た。
私は今日、2つの会計事務所と打ち合せがある。今月からセカンドオピニオンとして、財務のダブルチェックを行うことにした。
風を読むためには、自分の中にバラエティの溢れる考えが必要だ。どうしても人間は凝り固まり、バイアスがかかり、既成概念が頭を固くする。柔軟さを保つためには、いろいろな意見を聞き、そういう考え方もあったのかと素直に感じる力がいる。
阪急グループの不正。偽装問題は、内部告発から組織ぐるみの大きい問題へと発展し、メディアに吊るしあげられ爆発した。
私は、新聞、日本のテレビは見ないから、人づてに情報が入る。“おもしろニュースがあるよ ママ。しかもリッツカールトンホテルまでも偽装に加担していたらしいよ。” と娘から聞いた。
私がこのニュースで一番感じたことは、人の味覚はどれだけ繊細なのかということ。これは どこどこのキャビア、このネギは 有名な京都のネギなどと、うんちくが入れば、“ヘエー さすがにおいしいネ。” と なるものなのか!? もし、このニュースが内部告発で暴かれたのではなく、お客様が、これは絶対九条ネギじゃナイ!!、この味は違う、これはただのすじこだ、と見抜き、クレームを出していたら、この問題はどう進展していただろうか?
そう言えば、メガブルーバードの社員旅行でシンガポールに行った時、なぜかみんなはお土産に枕を買いこんでいた。お店まわりの中に 寝具のコーナーが入っていた。
“どうぞお試しください”とベッドがズラーっと並んでいて、そのすばらしい疲れを取り首の血液の流れをよくする枕はマレーシア産の特別のゴムを使い・・・・!とプレゼンテーションけは、拍手が起こり、皆でベッドに横になり、枕を試した。(どんだけメガの人って疲れているの?) メガブルーバード外国人講師、日本人講師 プラス オーナー、スタッフは、次々に枕を持ちレジに行列をつくった。
それから2年経って、みんなはすばらしい安眠と健康を手に入れているはずだ。
なぜか、そんなことが、ふと思い出された。
今年は北海道へ行く。偽装のないほんものの北海道のカニが食べてみたい!!
“ねえロクいいでしょう!!”
ロクはカニミソの味にはうるさい。

“ママ このカステラの卵?
絶対ナゴヤコーチンでしょう!!”
2013103006400000















オイシイ〜
2013103006410001















ハチは思い込みの強いヤツだ。
2013103006420000















新宿方面
日が差してきた 朝6:45
2013103006450000

風を読もう

新規出店に向けて、来年の仕事に取り組み出したとたん、またたくさんの人とのアポイントが入り出した。
船を前に進める舵をとれば、波間を漂う時と違う風が吹いて来る。仕事を始めて35年近くいろんな風を読んできた。ピタっと風が止まる時、真正面から吹き荒れる時、後ろからどんどん押してくれる時、今はどういう風なのだろうか。
昨日お会いしたオーナーは63才の方。有名FCを70店舗近く運営されている。飲食関係からサービス業まで、ポートフォリオを行い、自ら先頭に立ち、社員を率いて、まっすぐにビジネスを進めている。日本男児のイメージ。ふくよかな耳と笑顔は、豊かな環境を想像できる。
しかし、業種業態によっては、その粗利が1〜2%。相当厳しい。
大手銀行の人に聞いてみた。“アベノミクスってどうなんですか?” “失敗でしょう。景気はまだ動いていないです。” “え、オリンピックや公共事業もまわり出したんじゃないのかなあ・・・・。” 
まだ日本経済の風は凪のままなのか、アゲインストの風か、追風が静かに吹きだしてきているのか。みなさんはどう風を読みますか? 経営者はこの風を感じて、うまく船の舵取りをする必要がある。その答えは、データ分析、いや動物のカンのような研ぎ澄まされた曇りのない夜明け前の空気に微かに映る、息をとめた静寂の中にある。

本日の朝ご飯
・キャベツサラダ
・くるみいちじくパン チーズのせ
・テールスパイススープ
・コーヒー
2013102905390000




ディナー
・ジン・オレンジカクテル
・スパイシーテールスープ
・3種香味野菜&赤カブサラダ
・チキン、きのこトマト煮
2013102816420000




“ママ よく食べるネ。”
2013102720140001

ひと手間かけること

10月最後の週プラス11月が始まる週。
身体の調子がいいナあ、と感じる月曜日。どうしてそう思うのか。
…の目覚めがすっきりしている。
目覚ましは5:00に掛けているが、それより早く頭が動き出し、“あれをしよう、あの件はこういう方法があるよ。” などと、ふっと色々なアイディアが浮かんできて、ベッドから早く抜け出したくなる。まるで、旅行の日のようにルンルンと。
内臓の具合がいい。人間は思ったより頭で考える前に内臓で考える。人間の身体の大切な部分は胴体に埋め込まれていて、口で栄養を入れて排泄するまでの仕組みの部分が生命維持機能の大切なところだ。胃がむかついていたり、腸が張っていたり、膵臓からのインスリンの出方や、腎臓、肝臓、心臓と、普段意識しないここの元気の具合が、そのまま行動力に出てくる。そして、皮膚の輝き、髪の張りにも!!
わあ今日は特に快適だ。単純な私。糖質ダイエットの本をもう一度チェックして原点を復習した。
ビール、日本酒は、お酒の中でも、糖質が高く要注意。この項目が気になって、飲み物を変えてみた。私はビール、日本酒が大好きだが、まず糖質の低いジンと赤ワインに。最初の一杯はジンでカクテルを作ってみた。レシピは後で。ワインはおいしいものを見つけた。
あと、スープにたくさんのスパイスを使い、内臓の反応の実験を始めた。
こんなに早く爽やかな結果が出てくるとは!?! スゴイなあ。あとは2垳困粘粟だ。
トウシューズで身体を引きあげて踊るために、できるだけ膝や腰に負担がないように、目標体重42圈! (肉を落とす場所 太もも、腰、お腹、腕。) 
糖質以外しっかり食べて、バランスをとること。ひと手間をかけることだ。

末口ジンカクテル
ジンは予め別のボトルで自分の好みのスパイスとブレンド。
私は高澤さんと秋保で買った目薬の木の皮をジンに浸けてみた。
ジンの量はお好みで、プラスみかんの搾り汁(長崎の従兄の段々畑で太陽にサンサン当たったみかん)、氷、たくさんウォーターを入れる。
さっぱりしてて おいしい。
(おいしくても1杯飲み。度数が45℃で高いので気をつけて。)
2013102806310000















スパイスが充実してきた。スープに入れて個性が出せる。
・アニス ・ニンニク ・ペッパー(レッド、ホワイト、ブラック、ピンク) ・スターアニス ・ショウガ ・ローリエ ・シナモン    ※それぞれに効能がある。
2013102806320000















本日のディナー
・クレソン、ワカメ(カボス汁と塩) 
・子持ち昆布 醤油漬け
・テールスープ スパイシーベジタブル
・チーズ
・サヤエンドウ、水菜、豚肉巻き(ヤックン仕上げ)
2013102717130000

本をドサッと買って 引きこもる

静の時間。
ロクとハチはいたずらしにやってくる。
まずは、お金に関する本。経済や会計。資産のポートフォリオのところで、気になる文章を発見。薄々気付いているが、日本経済、アメリカ、ヨーロッパの動き。ドル、円、ユーロは上がるのか下落するのか、著者は盛んに金を買いなさいと言っている。アメリカではもう個人では金が買えない法律ができたと書いてあった。そして、海外へ日本の富裕層が移動しているとも・・・・。確かに税金はどんどん上がって国民に負担がきている。
次にツィッターで人気の谷本真由美さんの本「日本が世界一貧しい国」に、ワァーこれまたすごい、〜ほっとけない日本の貧しさ、ー分の時間も与えてもらえず、死ぬまで働く社畜たち。▲哀蹇璽丱訖雄爐覆鵑動貔鍵蕕討蕕譴覆ざ軌薀轡好謄燹政府に騙されまくっても信じ続けるナイーブな国民。「クレクレ病、何でも人のせい、傲慢で怠け者」−世界は今のJapanをこう見ている〜
さあ、頭がだんだん煮詰まってくる。
切り替えよう。私はいつも5〜6冊平行読み。
「貴婦人が愛した食卓芸術」 今田美奈子著。パリに行くために勉強したマナーの本に続く、著者の二冊目。8000円という価格にちょっと躊躇したが、なかなかいい本だ。
ヨーロッパの王朝に生きた8人の貴婦人。カトリーヌ・ド・メディチ、マリア・テレジア、ポンパドゥール侯爵夫人、マリー・アントワネット、エカテリーナ2世、ジョセフィーヌ、ヴィクトリア女王、エリザベート王妃、時代のトップレディたちのテーブルセッティングや食卓の様子が、たくさんの写真で紹介されている。日常や国際的な外交の場でもある優雅な食事と語らい。
私も先月ナティとパリでその一ページを体験した。ヨーロッパの有名なヨーグルトの会社ダノンのご夫妻の隣のテーブルについた。英語を使って社交的にいろいろ質問して下さったが、私はコチコチで、スムーズに会話を進められなかった。いい経験をさせていただいたが、人間としてもっと成長しなければとつくづく思った。
ところで、ドラマティックな人生を送った8人の貴婦人たち、
「波乱万丈の生涯を送りながら、見事な食卓芸術で優雅極まりない温かいおもてなしを、彼女たちは生命ある限り続けていた・・・・。そのイメージとは裏腹に実際の人生には多くの困難や悩みがあり、終焉では生命を維持していくためにさえ努力がいった。現実の生活は、いつの時代もどこに住む人にも共通したものであり、さまざまな出来事で埋めつくされている。貴婦人たちは人々に力強い希望の光を訴えたかったに違いありません。」
と、ここまで、1,2,3,4,5冊読み進めて、もし、日本が世界の中で貧しい国だとしたら、そえは生活の質。時間に追われ、ぎりぎりまで眠り、仕事の追われ、自分を見つめることや振り替えることもなく、コンビニに駆け込み、テレビやインターネットで繋がり、メディアに洗脳され、眠りを繰り返す毎日。
その流れから脱出しよう!! 
朝少し早く5時に起きれば、1〜2時間のゆったりした自分の時間が持てる。私はお昼を食べずに、夜はお腹をペコペコにして、一杯のビールを楽しむ。音楽を選び、自分のために食事を作り、大切な自分をもてなす。私の好きなビネガーをたっぷり使い、野菜をほおばる時、あー今日も頑張ったと思う。鳥たちと話をしていると、すっかり夜は更ける。最後に熱いシャワーで、素敵な夢が見れるようベッドを整える。アロマのキャンドルを焚いて、ベッドタイムストーリーを読む・・・。
自分と向き合い、生活を楽しめば、豊かな一日だ。まわりに振り回されず、自分で考え、流されることなく、すばらしい国と自分に与えられた環境を満喫しよう。

日曜日の机の上。
2013102806400000

雨の土曜日

でも、台風でなくてよかった。
さあ、今日はハロウィンのイベントをしているスクールも多いだろう。
雨でも、ショッピングセンターの中は、大丈夫。
思い思いのコスチュームを着て、“Trick or Treat” と 言いながら パレードを行う。
ヒルズでは、テレビ番組 “はなまるマーケット” に、ニュースとして取上げられた。アリーナで、コスチュームファッションショーやゲームなど、メガブルーバードと森ビルのコラボレーションで、大々的にイベントが組まれている。
この六本木界隈は外国人が多い。日本人と思いきや他のアジアの人であったり、殆どの大使館は歩いて行ける場所にあるので、ニューヨークやロンドンのようにサラダボール(人種のるつぼ)となっている。
年間のイベントの中で、自宅で過ごすクリスマスとは打って変わり、ハロウィーンは六本木四ツ角から東京タワーを真正面に見るストリートまで、相当の賑わいを見せる。金曜日の夜から人々は眠らず、金・土曜日をめいっぱい楽しむ。昨夜は、救急車もひっきりなしに動いていたようだ・・・・。
このハロウィン、私の土曜日は、オフィスで、月末の事務処理、来週 来月のプランの見直し、整理と、地味な仕事となる。ご褒美のtreatは 本屋にでも行ってみるか。

これいいでしょう!
2013102606160001















2重グラスで熱いコーヒーが飲めるおしゃれなグラス。
デミタサイズでコーヒーの色も見れる。
2013102606160000















え なんでしょう!?
ピエロ、ライオン、くま、スーパーマン!
2013102512520000















ワァー スノーホワイトまで!
プリスクールの子供たち。
フ、フ、フ、本当に可愛いらしく楽しそう!!
2013102512510000
記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

末口静枝

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ