2014年05月

スピーチコンテスト ラストスパート!!

スピーチコンテストのビデオ審査がそろそろ締め切り。ラストスパートに入った。
参加者の特訓が行われている。
ビデオ審査で選ばれるのは30%位の確率。狭き門の 第一関門。
そして、ステージに上がってからも また厳しい審査が続きチャンピオンが選ばれる。スピーチコンテストは、英語の力以外にプレゼンテーション能力が問われる。いかに 自分の思いを相手にインパクトを持って伝え、心を揺り動かすことができるか? というレベルでおこなわれる。
言語の力は人間の持つ能力の中で最高のものだ。
それを子供のうちから磨くことがこのスピーチコンテストの目的。
そして言葉以上に99%の勝負を決める鍵となる ノンバーバルコミュニケーションのパワーも大きい。
全ての子供達はこの力を持っている。その力が詰まっている種の殻をあけるチャンスだ。
まだ幼く小さい身体からオーラのようなものが輝いている。それをステージで爆発させる。そしてユニークピースであること。抜きん出る個性が1%の難しい一番際立つものとなる。それは、その子ひとりひとりが持って生まれてきた人間として輝く種。ママやパパ、おじいさんやおばあさん、先祖から受け継がれてきたDNAのらせん階段の無限のつながりを探る旅。愛の呼応。レッドカーペットの先にあるステージに立ち、恐る恐る鳴らした ひとつの音叉が美しく響き、次々とみんなに伝わっていく瞬間を味わうこと。
この胸の高鳴る経験が、グローバル社会へ飛び立つ子供達の翼を成長させる。だから、何度も何度もスピーチコンテストにチャレンジし、ステージに立つのを楽しみに 大変な練習を繰り返し、自分を磨いていく子供達。すばらしい!!

そう言えば、スピーチコンテストでオークションも行う。
それをフィリピンの恵まれない子供に送る。
この地球儀を出そうかなあ。
2014052706410000















それとも 社長秘伝のタタキ棒は?
2014052617590001















ほら、キュウリをたたくだけでおいしい夏サラダできあがり。
ワイドワイドなタタキ棒、結構いろいろ使える一品。
2014052617590000

8冊の本

8冊の本の中に、「借金経営のススメ」 小堺桂悦郎著 フォレスト出版 がある。
真っ赤な表紙に白抜きの字で書かれた本。私は本屋に行くと新刊から経済、会計、経営とコーナーをまわっていく。読みたい本のタイトル、序章、目次、字の大きさとチェックして積み上げていく。8冊か そのぐらいで止める。重くなって食料品が買えなくなるからだ。食料品は毎日スーパーに行って買う。葉物野菜はもたないし、冷凍食品は使わない。なぜか冷蔵庫に入れておいた食材は弱っている気がして食欲とイメージが沸きにくい。獲物に飛びかかる食欲と感性を大切にしたい。だから毎日スーパーの中をまわって今日はどんなものを作ろうかなあ、何が食べたい?と自分に聞いてみる。お昼は食べない。朝はチーズ、フルーツのスムージー、パン、コーヒーと定番で夜が創造力を使うディナー。
あ そうだ。借金経営の話だった。この本に印をつけたところ。
 崔羮企業では自己資本比率30%を目指しましょう。」
ということは、中小企業の自己資本比率は30%以下、あれれ 70%以上が借金ということ!?!
しかも、一端借りてしまったら、ほぼ半永久的に借り続けることになる。
世の中は借金で回っているから、生きていける。クレジットカード、ローン、国債や社債だってそうだ。この世の中は借金で回っている。だから、借金をしてビジネスにレバレッジをかけろ!! という趣旨のことが書かれている本だった。
私は借金に対して恐さと後ろめたさを感じている。
しかしよくよく考えてみると、日本は世界一の借金国。国は国民に対して借金をし、それの返済のために国債を発行し続け、税金を上げ、相続税を1億人にかけようとしている。
私の子供のころからの教育に、借金のかたに家が獲られ、人の借金の保障人になったがために大変な思いをしてとか、たくさんの話を聞かされ、絶対それだけは手を染めてはいけないと教えられていた。
しかし現実は、実体経済と金融経済は大きくかけ離れ、ビジネスの世界では、身の丈の経営でいくか、膨らませ設備投資を行い人を雇い研究開発をしていくためには、融資を受けないわけにはいかないだろう。
この親から教えられた借金はよくない、自分の欲望は自分の身の丈にしなさい、という考えをやぶるようで借用書にハンを押す時、心が痛む。
そう言えば、耳にもピアスの穴をあけたのが45歳。その時も心が痛んだ。親からもらった身体に傷をつけてはいけないという教え。
若い人は普通に3つも4つも穴を開けているし、親が子供の顔にメスを入れる整形手術にお金を出してあげてたりするから。時代は変わり価値感は変化していっているのだろう。
さあ 借金は必然かなあ。家のローンも35年、2世代にわたって返済を続けていく。物々交換、デフレーション、実体経済、バブル、金融経済、インフレーション。
私は古い人間、親の考えを忘れないようにしよう!!

裏か表?
あ2014051805580000















・・・・。
2014051805580002

日曜日 朝ビールだ!!

陽気なジプシーキングを聴く。
このゆっくりとしたリラックスタイムのために、麦芽100%越後ビール、おつまみ、柿ピー、生ダコ、タタキキュウリ、ミョウガ、ショウガ酢の物。10時30分、イイナアー。でも怠けてるわけではありません。もうすでに掃除は半分終わってますよ。掃除機、ベッドカバー洗濯、植木水やり、鳥小屋の大掃除。
だってロクとハチ、ほらリラックスしているでしょう。
2014052510390001




まだ10時半だから朝だ。そして8冊買った本の3冊も読んで、次にチャレンジ。あーゆったりと自分の好きなことができるって最高だなあ。
朝のビールは普段は仕事だから飲まない特別のもの。何かすごーい贅沢なもの。今ハチと目が合った。
ダメッと言っている。 ワハハおかしい!!2014052510450000
















さあ小休止の後は、トイレ掃除と床の拭き掃除、それから冷蔵庫の中の入れ替え、そしてキムチを作るか。
あと、リンコスへ買い出しと次々と予定が続く。
生活も楽しい。一人で采配を振るい、てきぱきと進めていく。そうしてすっかり日が暮れるだろう。夕食も何にするか楽しみだ。
仕事も、戦略を練ったり 人と繋がったり おもしろいけど、生活をクリエイティブに仕切るのも楽しい。いつからそう思うように、そう感じるようになったんだろうか。多分、子供の頃から日曜日は家族全員、父、母、妹達が揃う一週間に一回の日。まずは、掃除をして、それから遊びに出かける。遊びと言っても自然の食料調達。山へ行って、キノコやワラビや旬の植物の収穫。海へ行って、貝や魚やエビの収穫。
潮の満ち引きや、天気、季節によって行く場所は変わり、獲物を持ち帰り、私は風呂掃除、妹達は母の手伝い、父は車の掃除 と、それぞれの分担をこなし日曜の楽しい夕食となる。
家族が力を合わせ、生活をし、話し、ふれ合う。幸せだった。
そして今も。生活を楽しむことは変わらない。これからも。

土曜日

本の原稿は編集者とのかけ合わせの段階になった。チェックして練り直してチェックして挿絵を入れてと原稿が何回か出版社と行き来しだす。そして秋に世の中に出る。待ち遠しいなあ。
発表会は汗をかきかき今3曲目の振り付けまで終了。チャーリーのソロ舞台の後二人で踊るバリエーションをいただいた。しかも新しいパ(ステップ)に挑戦し、スチュコー(回る)の後トンベパドブレピルエット(回転)をし、ポーズを決め止める。LG3では技術的にハードなものだ。
発表会は最初は出るか出ないかでチャレンジがあり、次に続けていくかどうかのチャレンジがあり、そしてダンスのグレードを上げていくチャンレンジがありと、終わりのないチャレンジの連続だ。
まあ、ビジネスでも、学問でも、恋人同士の関係でも、技術の習得でも、全て人生とはそういう反復練習の積み重ねの連続チャレンジだ。
それでも、今日という日は一回限りで特別に与えられた日。
いつものように朝早く起きて、無駄にしないように、エネルギーをまず補給し、身支度をし、オフィスへ行く。
さあ 今日はどんな楽しい一日にしようか。土曜日、5月24日、よし帰りに久しぶりに渋谷へ行ってみよう。

こんなに青い空が、
2014052217240001















急に雲に覆われて、
2014052217240000















ゲリラ豪雨が降る。
2014052219200000















不思議な天気が東京で続いています。

0(ゼロ) 8個の不思議

やはり 週末 新聞にたくさんの折込が入っている。モデルルーム、マンションがほとんどだ。消費税が8%になる時に、マスコミもあれだけ人をあおっていたから、駆け込み需要でほとんど完売していたのかと思っていた。
ということは、結構売れ残っているということか。または、五月雨式に第2段、第3段と次の出し物があったのか定かではない。
港区の折込に入るマンションは、2LDKで、珍しく掘り出し物で6000万円、だいたいは1億円を超えている。こんな価格のマンションが本当に飛ぶように売れているのか。誰が買っているのか。そのからくりが知りたいと考えていた。ものの価格と人間心理、それに渦巻く欲望、奥が深いなあ!? 考えていたら頭が痛くなって髪を縛っていたゴムをはずした。
2014052306290000















と、すかさずロクがかっさらった。
2014052306270000















かえして〜!
あぶないよ。遊んでいると首に絡まったりするから。
2014052306280000















ハアー ロクも結構人の動きを観察しているんだなあ。油断できない。
そうそう価格と物の値段だ。そしてそれをどう捉えるか、人の判断。この3つの掛け算は無限に広がるビジネスのギャラクシーだ!!
私は自分では食べないが大切な人への贈り物にチョコレートを買う。1個500円、しかもつまんで一口、小さな掌サイズに詰め合わせて6個で3000円!! この自分では食べないというところが私の貧乏性のところ。
それから昨日行ったパーティーでのオルスタシアコレクション。耳に貝殻のように私がつけた ひっそりと しかししっかり主張する、ダイヤ、ブルーサファイヤ、ラピスラズリが18000000。陳さんが腕につけた1カラットダイヤがぐるりと一周し静かに広がるブレスレット100000000。わざと皆さんを混乱させるように0でその価格をひんやりと表現してみました。港区の快適に暮らせるマンションと、失くしそうでどこにもつけて行く場所がない2つのものの価格がいっしょとは!?!?  
どうやって自分の頭を納得させることができるのでしょうか。
ただ1年前にやはり陳さんとパーティーに行き、二人でティアラを試着した。陳さんは羽がついた500円硬貨大のオパールのもの。私は何カラットか忘れたがやはり500円硬貨大のダイヤモンドがど真ん中にドーンとアーモンドの形でついて、小さな いやそれと比べて小さなダイヤがヘアーバンドになっているティアラ。心から欲しいと思った。価格は100000000、いや1億円!!
何とかならないかと1ヶ月くらい悩んでいた気がする。
その時はマンションとも比較しなかったが、頭金0円で35年ローンはできないか、ダイナースに頼んでみようかと・・・・?!
一年が経ち、私の欲望はポートフォリオのチャートでコントロールされるようになった。
それが生む価値がどのくらいのものか、そして時間の経過と共にその価値はどう変化するのか。リターンの計算がされて、6つのカテゴリーに分類され全体のバランスが取られるようになった。私も自分の欲望をコントロールする考えができてきたのか、または、おもしろくない人間になってきたのか?
パーティー会場で陳さんが言った。 “ 社長 シャンパン飲みすぎないで〜 ”
“ すぐ太っ腹になっちゃうから〜 ”    

        おしまい。

記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

末口静枝

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ