2018年09月

日本株式会社

金曜日、朝おいしいブレックファーストをつくる。
コーヒーは、
2018092804560000




コーヒー豆ガテマラサウシアス農園産、豆は銀のスプーンで2杯。豆を一気に挽きあげる すぐれもの電動ミル。5杯分のコーヒーをドリップ式でたてるポット。
それにお気に入りのバター&ジャム。オープントーストはハム&レタス
2018092805080000




元気でおいしい朝は、一日がリッチに始まるセレモニー!!

「第8章 日本への提言 生涯投資家 村上世彰
日本の経済を活性化させ、成長を促すためには、資金の循環が必要であると繰り返し述べてきた。ここで具体的な方法について考えてみる。
ヽ式会社日本
ここで日本の上場企業全部を一つの株式会社日本と捉えてみよう。株式会社日本の株主は、個人、年金、生保、投資信託の合計で、大きく過半を超える。要するに、この国の主権者である国民がこの会社を好きなように経営できるのだ。国民全体が投資家だという立場に立ち、株式会社日本をどのようにガバナンスすれば発展に導くことができるのか、考えてみたい。現在の株式会社日本のバランスシート(B/S)は、当期利益35兆円、自己資本比率は50%弱、ROEは6〜7%。ROEを上げる方法は、自己資本を減らすか、利益を上げるかの二つに一つしかない。
日米の比較をしてみると、自己資本の金額は、ほぼ同じ。にもかかわらず、利益はアメリカ企業の1/2、で半分。ROEも1/2。過剰な自己資本によってROEが引き下げられている。本来であれば、100兆円程度を銀行から借り入れ、より積極的な事業投資や自己株取得を行うべきである。利益は還元し、新規事業への投資は借入によってまかなう。こうすれば、銀行に眠っている巨額の預金も有効に活用される。適度なレバレッジを効かせながら、継続的な成長に向けて積極的な投資を行うべきなのだ。目的は資金を循環させること。資金が循環し始めれば、景気は必ず回復し、経済は成長する。」

中小企業も日本株式会社のひとつ。
私も小さいながら、投資を行い、未来への種をうえている。MBBは今年の決算で債務超過も脱することができた。これから次の目標に向かって、資金を循環させていく。
8月11日からチラシ配りを始めた。北千住校は、明日オープニングセレモニー!! でもまだまだチラシ配りの手は抜かない。
最高値まで突っ走ろう。ランニングハイになってきた。ゴーイングコンサーンだ。

松風庵主 
28日 ね年
魂に老いはないと自覚して 吉祥とせよ。

夢中になって

「自分のやりたい仕事に就けるわけではないし、好きな仕事でも注文がなければ、それで生きていくことはできないが、収入の有無にかかわらず、死ぬまで働くことのできる人は幸福である。私はサラリーマンになりたいと思ったことは一度もなかった。 職人になれたら素敵だとは何度も思った。単なる繰り返しのように見える単調な作業を、そこに毎日小さな発見を探すことで持続のエネルギーに変えていく仕事。拡大することで欲望を満たそうとするのではなく、持続することに無限の満足を感じることができる仕事。それが自分の使命であり、情熱を傾ける対象であり、なにものにも代えがたい喜びを与えてくれるような仕事。労働が誰かに命じられておこなう義務ではなく、みずから進んで求める権利であると確信できる仕事・・・・。私は何もしないで時間を過ごすことが不得意な人間だ。だからこれからも、律儀な職人のように、どんな状況にあっても、仕事を見つけて、夢中になって死ぬまで過ごしたい。 あすへの話題  2018.2.10 」

除湿を消した。雨が2日続いて肌寒い朝だ。
それにしても私は、恵まれている。私には夢中になるたくさんのものがある。むかしむかし、私が夢中になっていたのは、ストレートにいって男だった!! 好きな人が次々と現われた。そしてその人のことを思うだけで幸せなハートマークの暖かいエネルギーが身体中を駆け巡り、その人のもとへすべてを投げ捨てても、私は全速力で追いつづけた!! それがいつごろからか、その思いが他のものへと変わった。同じように気持はときめき、アドレナリンがほとばしり、目も血走り、夢中になる。たとえば、かわいい孫たちといる時、グレムリンの孫と戦うとき、仕事でチラシを配るとき、銀行の人と交渉をするとき、バレエで回転の特訓をうけるとき、・・・・・・。
“先生、淋しかったです。” 1週間ダンスのレッスンはお休みだった。久しぶりに会ったフラビオ先生に私は話した。
“僕も。でも会いたくない生徒もいるけど・・・・” ふへー本音をポロリとこぼすのは、外国人の先生だから・・・・・、正直だ。

「アメリカでは2000年頃から、どの投資家も声を大にして“リターン”を追い求めていた。対応する企業の側も、個人が行う投資の割合が非常に高いことや、ストップオプションなどを通じて投資家の目線を持っている場合が多いため、声高にリターンを求める投資家に対してのアレルギー反応が少ない。投資家は投資先から資金が戻っていた場合、必ず次の投資先を探す。より多くのリターンを得られる投資先を常に探している。 生涯投資家 村上世彰 」

結果がどうであれ、私は常に何かを追い求める、豪の強い女だ。そう、子供の時から・・・・、そしてむかしむかしの男たちは恐くなって逃げ出したのか、私から離れていった。そして、私は今少しまともになって、ポートフォリオを組んで、ありあまる豪を分散させることを学んだ。

*というわけで、めぐみさん、パリ・ニューヨークご一緒に!! ワイワイと!!
そして、ジャガー林さんとめぐみさん。 10月28日に渋谷セルリアンタワーのホテルで、ダンスパーティがあります。そこで、私もフラビオ先生とルンバを踊ります。バレエのお姉さんたちもみにきてくれます。いかがですか? 1時くらいから8時くらいまでです。夕食つきです。ご興味があればご一報下さい!! あとご参加希望の方はお知らせ下さい。  末口ジャスミン夢中になっております。

食事とプルースト効果

少し心の余裕がでてくると・・・・、手料理に工夫を凝らし美味しいものをつくる。
キノコのガーリックオイル炒めと、スモークサーモンとタコのイタリアンマリネサラダをつくった!! ふたつとも決め手はオリーブオイル。お好みで、お酢(私はビネガーでなく、千鳥酢を使う)に塩と赤唐辛子に、ニンニクのカケラを入れて混ぜる。それにオリーブオイルをたっぷりたらす。これでドレッシング出来上がり。
※千鳥酢 
  ORO BAILEN スペイン王室御用達エキストラバージンオリーブオイル。
  VIVA GARLIC 手作り ニンニクオリーブオイル食塩
2018092605590000




今日の野菜は、ラディッシュ(葉っぱも)、プチトマト、クレソンに、タコとスモークサーモンを加えて、混ぜるだけ。たくさん作れば次の日もOK。
次の日、お残し用。
2018092606050000




キノコは旬だからいろいろある。エノキにエリンギに椎茸、サクサクと切って、たっぷりのオリーブオイルにニンニクを利かせて炒めるだけ。私は薄口醤油で味付けをする。
と、これらの食材やオリーブオイルは、繊維質が多いから、お腹のデトックスと、おそうじになります。すっごくすっきりしますよ!!
私は一日二食だから、朝と夜は一日で一番の楽しい時間。みんなとお食事するのも好きだけど・・・・、一人の食卓もそれなりに贅沢で楽しい!! テーブルにまず一人用クロスをひいて、テーブルセッティングをする。色々なお皿に盛り合わせて、お料理に合わせたお酒も・・・・。

「作家 演出家の久世光彦さんが、町の音というエッセイの中で、好きな町の音を一つだけあげろと言われたら、この音と答えると書いている。夕食の支度をする音だそうだ。水を使う音、茶碗の触れ合う音、鍋の蓋をとり落とす音。
“この年になっても、秋、金木犀の向こうに、湯気に煙った窓があり、そこで夕食の支度をしている音が聞こえると、ふと涙ぐんでしまう”
よく分かるという人もいるだろう。
夕食の支度をする音の中に久世さんが聞いたのは、幼き日、例えば、秋の夕暮れ時、家の中で耳にしたかつての家族の声や息遣いなのかもしれない。(つづく)」 筆洗い  2018.9.25

今ではとても便利になって、家で煮物を作ったり、大根やネギを刻んだり、しょうがをすりおろしたり・・・・・、こまごまとした台所の音より、ベリッとラップをはずしたり、袋をパリッとやぶる音かもしれない・・・・。一人用の食事はけっこう逆に手間がかかるものだ・・・・・。
それに、北千住しあわせのダンスダンスダンススクールのマルイ8階で、一番目を引くのがクッキングスクールだ!! しかも子供から大人まで、あちこちのシンクで家庭科の時間のようにエプロンをかけた人たちが楽しそうにお話をしてグループで料理をしている。
しかも、こっちでは中華、あっちではデザート、そっちでは魚・・・・・。ちょっと理解できないなあ。
“おはようございまーす” 私はドアをノックして、更衣室のドアを開ける。左にはレッスンを終えてペチャクチャおしゃべりして着替えている人。右には、えー 立ってヤキソバらしきものを食べている人。狭い更衣室に、汗の匂い、食べ物の匂い・・・・、すべてが入り混じっている。
私は、息を止め、30秒でレオタードに変身、ダッシュで扉を閉める。
美しく踊るバレエスクールの更衣室。デリカシーがない!! 

「(つづき)秋の夕暮れ、町の音、夕食の支度をする音、ふと涙ぐんでしまう。金木犀の向こうに・・・・、プルースト効果も涙の原因か。人が香りによって遠い日の出来事をまざまざと思い出す現象をそう呼ぶそうだ。プルーストの“失われた時を求めて”の中にある。紅茶に浸したマドレーヌを口にしたとたん、遠い昔のことを思い出すという場面から来ているらしい」 筆洗い 2018.9.25

食事ひとつで、その人の失われた時が、戻ってくるとしたら・・・・。それは大切な私の生きていく儀式の一つ。更衣室で立ってヤキソバは絶対ないナあ。 そこまでして、食べようとは思わない。
だから私は一日二食を大切にしたい。それは量ではなく質。母や祖母からの大切な教えだ。
しかも、食事、料理は、クッキングスクールで習うという文化はどうなんだろうか・・・・・。 ごっちゃ混ぜの香りの中で、ぺちゃくちゃしゃべりながら、お料理をするということも、古い私には理解できない。こんな時は占いでもみようっと!!
26日 とり年
厚意をいつまでも言えば敵意ともなる。ほどほどにせよ。
ハーイ!!

ワンカップ スリーフレーバーで

9月もあっという間に終わっていく。
プレゼントされたケイトウの花にピンクのバラ・・・・は、4日目も元気。
2018092505380001




水を入れ替える。黒鳥と名前がついたダリアと赤いバラは こうやって生かせておく。
2018092505380000















まだまだお花は楽しめる。
6時を過ぎると、ストーンと暗くなって、急に淋しくなる。だから、お月見のだんごをパクリとほおばる!!
お休みなしで、8月11日から仕事をしていると、身体の芯の疲れがとれない気もするが・・・・、私は時間を目一杯使いたい!!

「アメリカの企業では積み上がってきた資金や投資された資金は、M&Aを含めた事業投資を行うなど、企業価値を向上させるために積極的に使われる。使い道がなければ株主に還元し、また必要になったら市場から調達する。という流れが当たり前にできている。手元に残さない経営だ。そうやって資金を循環させることで、上場企業はさらに多くの投資を呼び込み、業績が拡大する。それが株式市場のみならず、経済全体の成長につながっているのだ。Appleは3年間で450億ドルに及ぶ、資本還元プログラムを実施することを発表した。(2012〜2016年)現在では、その規模を2000億ドルにまで上げ「超」がつくほど積極的な株式還元を行っている。財務諸表で、はじめ2012年度は、レバレッジを一切きかせていない。この還元プログラムで大きく変わったのが、Appleのレバレッジだ。無借金だった2012年。それ以降、社債の発行や借入を大きくした。その結果4年で総資産は2倍近くに増えている。社債の発行や借入を含めて資金を循環させることで、より高い利益を上げている。」 生涯投資家 村上世彰

B/Sを見ると、お金を道具として使い、規模を大きくして皿回しの皿をぐんぐん大きくしているのがわかる。
2018092506270000




小さい皿より大きい皿の方が、遠心力を使って、よりダイナミックにぐわーんといく。それはAppleという世界中からの知名度ブランド力による株式市場からの資金調達力だ。
マネーのパワーは、中小企業だって、ファイナンスを学べば、お金を道具として使うことはできる!!
私の月〜金はオフィスデー。さっそくファイナンスのお仕事、社長業に専念する。そして土日は、現場の市場マーケティングとなる。どちらも たのしい!! ワンカップ トゥー フレーバー だ。

とり年
欲望の働き、理性の働きが渦巻くが、一番奥底に霊性の働きがある。 松風庵主

ルンバの音楽をかける。
私は、ビジネすの世界に生きている。だけどそこで出会う人たち、一緒に仕事をする仲間、そして家族、鳥、グリーン、金ちゃん銀ちゃん、花たち、バレエのお姉さんたち、先生、・・・・ あ、そう言えば、若い男も!!
1週間ご無沙汰だった。水曜日会える!! プロ試験合格したかナあー。
と言うわけで、私は、ワンカップ スリー フレーバー!!

お彼岸にだんごを食べつつ考える

北千住キャンペーン会場を夕方、“おつかれさまー”と早く出た。
北千住の街を歩く。マルイの周りは四方八方に商店街がひしめいている。メインのアーケード街に銀行がある。みずほ銀行北千住支店。なぜかこの銀行が私が16年前、九州から出てきて東京で独立してメガブルーバードという株式会社をつくり、資本金1000万円をいれた場所だ。
それにしてもなぜ、北千住支店!?!?
私は東京に何一つ つてがなかった。そしてそもそも地下鉄の乗り方もわからなく、この大都会でタンポポの綿毛が右往左往に風で飛ばされて、コンクリートの地面に落ちて、根をはやすことができるのか・・・・、すっごく危険で恐ろしい賭けを45歳の私は、知らず知らずのうちに進めていた。保険会社の人が声をかけてくれて、この銀行を紹介してくれた。なぜ彼とつながったのか、もう記憶もなくなった。
それにしても、16年経って、この北千住の街に、奇遇にもしあわせのダンスダンスダンススクールと、メガブルーバードの英会話スクールを立ち上げることができた。旅人は遠くまで歩き続けた。ふーっと深呼吸が自然に出た。
“今日はお彼岸ですよー。お彼岸の入りですよー。” 
2018092315420000















2018092406310000




と銀行前で茫然と立ちすくんでいる私は団子屋に気付いた。
あの時も私は確か・・・!?この団子屋で、オフィスのお土産に立寄った気がする。
そうか、この三連休は、秋分の日だ。
“おだんごくださーい”
白だんごは高野家のお父さんとご先祖さまに。ねりあんはうちの母やじいちゃんばあちゃんとご先祖さまに。お彼岸に、母はいつも白玉を作って漆の器にもって仏壇にあげていた。
時はあまりにも早く過ぎ去る。そして旅人は昔を思い出せないくらい遠くまで歩き続ける。だけどまた原点にもどる時がある。

「個人の投資家が企業の経営状況を判断するとき、大切な指標がROEだ。リターン予測がつき、もちろんリスクも高まるが、貯蓄するよりも資産が増えると思えるには、ROEが一定の基準を超えていることが重要となる。資本を小さくし、金利負担を考慮しながら負債の比率を上げ、レバレッジを効かせた状態で利益を上げていくことで、資本効率は高くなる。リスクの高さと比例してリターンも高くなる。しかし、日本の多くの企業のバランスシートは、そのようになっていない。したがって、ROEも低いまま推移している。業績が急激に悪化した時にどう備えるのか、企業が倒産してまったら、社員はどうなるのか、などの議論もあるから、資本は小さければ小さいほどいいとは一概には言えない。しかし、純粋に投資の視点からみると、資本効率を上げるには資本は小さいほうがいい。」 生涯投資家 村上世彰

今では資本0円でも起業できる時代だ。だけど、元手が0円ということは、どうやってビジネスを!? 私の時代は株式会社を立ち上げるには最低資本金は1000万円だった。しかも3年間は銀行借入などもできない中小企業には厳しいスタートだった。
おかげでいろいろなことを学ぶことができた。
あーもうすぐ6時。
私はその場所へ10分遅れで到着。日曜日は、とくもも、まどか、そして仕事を終えたヒロ、カーオーと食事と作戦会議だ。
又川会長に連れられていったことがある青山一丁目から歩いていけるM会館へ集合。素敵なお庭、外に出て国家にもなっているチヨニヤチヨニサザレイシノー、というフレーズにでてくる、そのサザレイシをとく、カー、オーで触ってみた。と、今日はお日にちもよく、結婚式があちこちのフロアーで行われている。ウェディングドレスに内掛けにカクテルドレス・・・・。
すごーい。お嫁さんだらけだあー。
そして、この日本食レストラン。季節の松茸土瓶蒸し、繊細お作り、天ぷら、ステーキ、煮物、お寿司、赤だし、デザート。
ウワーぜーんぶあり、オール日本食キャスト。
“これ結婚式と同じ料理だと思うよ” とまどかが言った。
すごーいね。しかも、コース料理でこのお値段。
スゴーイ。いつも行ってるところの半分くらいのお値段!?!で、どういうカラクリなんだろう?
今日お彼岸の日。いろんなことを考えた。前日の発表会が今日の夜中2時まで持ち越していた。今日の時間は短い!!
北千住で原点にもどり、M会館では、質と量のことを考えた。
お料理だけでなく、たくさんの花嫁さんたちを見て、その人にとっては一生に一回のことが(!?!) 裏側に回ってみると、たくさんの量の規格品で賄われていることが・・・・。世の中は不思議だ。お彼岸の日、墓参りも人任せでずーっと行っていない私は・・・・、だんごをほおばりつつ、ぽわーんと考えていた。
「待つものは来ない。待たぬものが来る。待つ心がなければ吉報来る。」松風庵主
記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

末口静枝

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ