テレビを見ない生活を続けて、大分経つ。
ニュースやワイドショー、ドラマ ・・・ 楽しみと退屈を紛らすことと、何かおもしろいことやってないかなあ ・・・ という期待は消えた。ただ頭が洗脳されない気がする。
おすすめです。メディアから逃れること。そういえば、昔テレビは白黒からカラーになって、大切なものでした。番組は家族が喜ぶものを見て、自分の好きなチャンネルを奪うのは結構大変でした。それが各部屋にテレビがおかれて、個人専用になり、バックグランドミュージックのように、つけっぱなしになってきた。動く映像と音、世界中の情報が電源をつけるだけで流れる。家族よりも身近なものとなった。それが一人という淋しさを感じられなくし、自分と語らうことや感じること、考える力を奪っていった気がする。
久しぶりに昔の詩集など紐解こうとしたのは、心にゆとりがでてきたからかな。立ち止まって、考えたり、呼吸をしたり・・・ 自然なことがうれしい。生きていて、仕事が出来て、毎日が楽しめて、人との出会いがあり、気づきがあって、優しい気持ちが溢れてくる。ちょっと大げさだけど・・・。

ひとりぼっちの朝   小林 沙希里

冷蔵庫から いちばん まるい 
たまごを ひとつ だして
小さな しかくい フライパンでやきます
キャベツを・・・ すこし・・・
神経質に きざむと いつもの・・・
すきとおった お皿に
ひとりぼっちの 朝のしたく

淋しがりやの こころが
ちょっぴり あたたかくなるのは
太っちょの ミルクいろしたポットで
わかす お気に入りのコーヒー
大好きな ミルクカップに
あついコーヒーを たっぷり入れる時

すこしだけ幸せになれます
10時のひとりの朝食・・・

のみかけのコーヒーが すこし
ぬるくなった頃 さみしくて
銀のスプーンで ミルクを2はい入れます
そしたら 幸せに なれるような
そんな ・・・ 気がします

さいごに まだ青い
ちいさな みかんを かじったら
窓のガラスが くもった ・・・ みたい        おしまい

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

なんでもない日常に、心が動いていく〜。  いいナぁ


 フィッシュ&チップス

 今日はお昼を食べた
 いつもはダイエットで2食










 近くで見つけた
 おいしそうな
 スペイン料理の店
 行ってみよう!









 
 日が暮れるのが
 早くなった 夏は終わり
 もーすぐ 秋