時差1時間 晴れ フィリピン到着 31度。
空港に降り立つ。あーこの匂いと熱気。
2人のe-Homestayのスタッフが空港に出迎えてくれた。
“社長 元気でした?”
“うーん 元気。 鳥は元気?”
“もう年をとっているから飛べないけど 大丈夫!”
マカティ(マニラ中心部)のオフィスへ向かう。
“タクシーのドアをロックして 社長”
信号待ちで車が止まる。目が見えない人の手をつないで、女の人が私達の車の窓を覗き込む。手にはコップを持っている。
“ごめんなさい。まだ円をペソに換えてないの・・・・。”
“窓を開けちゃダメです。そうやって窓から入って、カバンなんかを盗られますよ!!”
マニラ市内 車はいたる所でトラフィックジャム(渋滞する)。 車と車の間を縫って、花売り、水売り、窓磨き、物乞いといろいろなビジネスがやってくる。
“ところで地震はどうでしたか? フィリピンは地震は少ないけど日本のような地震が起こるとフィリピンは貧乏な国だから立ち直れないでしょうねネ。”
15分でマカティのオフィスに着く。中ではもうビデオ撮影が始まっていた。あれ 日本を離れていたマシューも加わっている。わあ久しぶり。今年の撮影隊は、アメリカのハリウッドで仕事をしていたプロフェッショナル。相当いいDVDができそうだ。 毎年毎年、教材やマニュアルをオリジナルで作り、早くも18年の歳月が流れている。  メガブルーバードのいいところは、常にチャレンジ!! リニュウアル(改良)を永遠に続けて行くことにある。 だって 完璧、終わり はナイモノ・・・・。 そして、それに資金や労力をつぎ込む。そのことで、スタッフもたくさんの事を経験し、成長し、子供達も新しく飽きないものが作れる。
ビッシリつまったビデオ撮影。恒例の みんなで食べるディナー 待ち遠しい。

 空港成田免税店
 太田バーバリーリーフコート ゲット!
 (シンデレラのお買物と言われた。 
  good クロージング あなたにピッタリという意味。)










 撮影スタート。







 手作り教材マテリアル
 サイエンスグッズ。












 トルネードをつくるマシーン。













 トルネードマシーンの
 作り方。












 生物テーマの
 マテリアル。












 段ボール箱 
 トランスポーテーション
 力作ワゴン
 子供達が乗れる。




 スタジオセットバックは
 グリーン
 映像をコラボするため。





 本日はギリシャ料理で 
 オッパー (乾杯)。