朝ご飯の準備は夜のうちに。
朝ご飯を粗食にしてはいけません。
佐藤初女さんの心をかける子育てに書いてあります。朝食献立は、 ご飯、お汁 ワカメ油揚げ、漬物、ふきのとう、かまぼこ・人参の煮つけ、卵焼き。
他シンプル脳育術では、朝ご飯の皿数で子供の成績が決まる。子供の能力を高めるためには、ただひたすら、「早寝、早起き、朝ご飯、読書、適度な運動」。それだけが、子供たちの脳を助けてやれるのです。
日曜日、本のまとめ買い。経営、マーケティング関連、子供教育関連、とジャンルを絞っている。
その中に子供教育、子育ての3冊の本を読んで共通点があった。
これは、子供を大人に置き換えても、もちろんOK。
しかし、最近特に感じるが、当たり前だったことが、今の日本では違ってきているのか・・・・。
わずか20年やそこいらで、本に書くほどのこととなった。

私の自慢の朝ご飯。
フキとすじの煮物、菜っ葉、キャベツとホルモン汁(東京産しんとりな)、
ワカメすのもの、あじのたたき、金時煮豆(市販のもの)、ご飯。
(母の教え、1食に10種類以上の食材を使うこと)











清水の舞台から飛び降りる覚悟で買った
フレスコバルディ ラウデミオ。
フレンツェの貴族が800年大切に育んできた
エキストラバージンオリーブオイル。
なんと5000円もした!!
パンにつけてちょっと贅沢な朝のために。