明け方、すごーくインパクトの強いセクシーな夢をみた。思いあたるふしがある。
“骨盤のぐりぐりがあるでしょう。ちょうどその横に少し柔らかいところがあるよネ。”
自分の右側の骨盤付近を触ってみた。たしかに、ここかあ。
“そこを、末口さんは右側のはしっこ、そして僕も右側を。僕と末口さんの身体ってちょうど合ってるネ。”
そうすると、男性と女性が全く重ならずに、男性がぐいーんと右足を出し、女性もぐいーんと後ろに右足を下げ沈んで、今度はぐいーんと左足を出し、上へずーんとのぼり、トウトウで立つ。これを繰り返し、身体にスイングをかける。ワルツの1.2.3. 1.2.3.というリズムにあわせ、まるで駒がくるくるまわるように、フロアーを滑っていく。
ワルツステップ!!
全くルンバと違っている。またまた楽しいナあ。

あーそして発表会のドレスもやってきた。
2017071307460000















花のワルツに合わせて、若草色のカワイイー ロマンティックチュチュ!!
あーだけど、だけど・・・・。身体に合わせて団員さんのおさがり。
”うーん、ホックがしまらない。”
身長体重は同じでも、胴回りはだいぶ違うんだあ。ダンサーの体重になるには、もっとウェストを絞らないといけないということかあ。結構ハードだ。
ビューティー アンド ビーストのように顔よりも身体のサイズってけっこう重要ポイントかもしれない。
 

“「星を投げる人」の話をしよう。
朝、いつものように海岸を散歩していると、一人の少年が何やら海に向かって投げている。
「何してるんだい?」 「ヒトデを投げているのさ」
見ると、見渡す限り無数のヒトデが打ち上げられている。やがて死んでしまうだろう。
「こんなにたくさんいるのに、何のたしにもならないよ。」少年はヒトデをもう一つ拾い上げた。
「でも、このヒトデには大きな違いだと思うよ。」そう言ってそのヒトデを海に向かって投げたのである。
足しにならない は、no difference
違いがある は、 make a defference
「違いとは何だろう・・・・・ 少年が言う 「違い」とは何か。 ヒトデはこんなにたくさんで全部は助けられない。徒労に思える。でも少年は言う。「この」ヒトデは確実に助かるよ。
そして一つずつにヒトデ投げ続ける。
no difference「足しにならない」、make a difference「違い」
「違い」とは、自分の生きる意味を理解できる知恵のことだ”
  2017.7.11 あすへの話題  星を投げる人 社会学者 橋爪大三郎

ワルツとルンバは、私にとって大きな「違い」だった。
だけど自分の生きる意味を理解できる知恵ほどのものではないかもしれない・・・・。
それでも楽しくて、面白くて、はまってしまった。
私の人生って、そんなルンルンランランのために生きているんだろうナあ、・・・・・・。

no difference  「足しにならない」もののために・・・・。