あー 一日かけ足の日だった。
まずは経営会議。 とくも参加!!
2017090810000000




1ヶ月に1回、各教室の収支、報告、財務諸表、J-Shine、e-Homestay、それにセレブリティライフ。それにしてもセレブリティライフ(メガブルーバードの新事業ネイルサロン&ヘアメイク)の売上がぐんぐん上がっている。横井店長になってから、お店が激変した。過去一年間の売上推移表をデータにしてプレゼン。ネイルサロンでは、1脚40万という売上があります。セレブリティライフでは、2脚から3脚。あとクオリティを上げれば客単価も上がって、目標の100万円もクリアできます。と・・・すっごく論理的に説明した。
サービスの質を上げるため、中国人スタッフ達も可愛がって教育してくれている様子が目に浮かぶ。
“達成したら、みんなの好物のとんかつをご馳走するよ!!”って人参をぶら下げているんです。
すごいナあ!! そこからみんなでズンバレッスン!! 大いに盛り上がる。
次に銀行さんとの物件の打ち合わせ。あと、二つの仕事を済ませて、今日は又川君が、パパ1年生と結婚生活のお披露目に!!やってきてくれた。
あず君も、新婚夫婦の10才違う状況を学ぶ。
そして私は今日のメインイベント。まちこお姉さまが誘ってくれた、六本木ケントスへ出かけた。
アメリカングラフティの時代の生バンドで踊るダンスクラブだ。ここでも、もちろんすっごく盛り上がる。まるで今日は、自分が七色のカメレオンに変身したように、くるくると変わった日だった。

「たそがれ時には不思議なことが起こる。カンヴァスに向かうシャガールのもとに、どこからともなく恋人が現われて口づけをする。だが見えているのは顔だけなので、まるで鏡に口づけして自分の顔が映っているかのようだ。するとロバ引く橇(そり)が屋根の上を飛び、街灯が脚を生やして歩き出す。画家のかたわらには、子どもを抱いた鶏がやって来る。恋人の口づけが画家に創造の霊感を吹き込んだかのようだ。」  シャガール3次元の世界 たそがれ 富田 章 東京ステーションギャラリー館長
2017090906370000















シャガールが大好きだ。
まるで今日の一日は、「たそがれ」そのもの。
どこからともなく、みんなが集まって、一枚のカンヴァスにそれぞれの色と形をつけてゆく。三次元の世界。みんなの思い思いの人生が、ある一点、一枚の絵の中に納まることができるなんて。
たそがれ時には、不思議なことが起こるんだ。

あー楽しかった。