「ピィー!! ピィー!!」
「ギャー!! ガァー!!」
ろくハチが騒いでいる。夜中に!! 私はベッドから起きて様子をうかがう。
みきちゃんが、私のメッチャ本棚、CD、DVDを整理していた。
2017112405300000















ちょうどそれらの棚は、ろくハチのケージのすぐ後ろにある。
2017112405300001















あーそれで鳥たちが自分たちの縄張りを荒らされていると怒ってたんだ。
私のリビングルーム42坪を、生活感のない、いつでもパーティルーム に作り変えている。
まずは、私物のグチャグチャ整理整頓を、みきちゃんが仕事を終わって帰ってきたあと、コツコツとやってくれている。まだ住んでわずか1年なのに。断捨離しないと、物、物、物があふれてきた。

「サザエさんに登場する波平さん、年齢をご存知ですか? 54才です。もっと年配に見えます。これが舞台となった戦後まもなくの時期、雇用者の定年年齢は55歳。平均寿命も男性で60歳でした。今は男女とも80歳を越えています。人生100年を迎えつつある、そんな時代です。現在の定年制度は60歳。さらに希望者は65歳まで。働く期間の延長は世界の潮流のようです。フランスは既に定年は70歳。スウェーデンは67歳。ドイツも年金支給年齢の引き上げに合わせるようです。米国は1986年に、英国は2011年に定年を廃止しました。理由は明快。やる気や能力があるのに年齢を理由に働く機械を奪うのはそもそもおかしいという。
米国は自助の社会で働くしかないことも背景にありますが、“いつまでも働けるので50歳で会社を辞め、勉強して医師や弁護士になる人もいます。こうした職業は年配者がやると思われている面もある” と話ます。引退は自分で決める。・・・・。実は、長寿化は高齢期ばかりを延ばしました。シニアの働き方を見直す時機がきています。」 2017.11.23 社説 人生百年 定年は何歳

私はすでにメガブルーバードの定年を80歳に決めている。そして、みんなを一緒に80歳まで、“明るく、きれい、幸せ”に働こう!!と毎回毎回会議の席で熱弁している。100万回叫べば、いくらなんでも、“社長一緒にがんばりまーす” と言ってくれる人が増えるかしら!?!
思えば、私の子供時代から、周りの大人たちはみーんな働いていた。
ばあちゃんは、かいてん饅頭、うどん屋。じいちゃんは、船に乗って。父も母も、おじもおばも。子供達の仕事は、だから遊びだった。お父さんごっこ、お母さんごっこ。お母さんは、掃除、洗濯、お料理。お父さんは、仕事に行ってきまーす、カバンを持って車を運転して、電話をかけて、書類を・・・・。仕事をしてお金を稼いで、生活のものを買って・・・・、ぐるぐる経済は回っていく。それが60才、いや65才で終わるとしたら何をするの? 何をして食べていくんだろう? 私はぜったい80才まで働きたい。仕事をして、お金を稼いで、生活をして、その中にお休みがあって、みんなが集まって、一緒に食事をしてお話をする。このリズムが消えたとき・・・・。
私は病院や老人ホームにいるのかも知れない。それはやだナあ!! 60歳の私。定年まで20年もある。たっぷりとした時間に、叶えたい夢が山ほどつまっている。
よし!! みきちゃん  まず断舎離お願しまーす。

そして、ろくハチの縄張りを荒らしたみきちゃんに
逆襲が!!
2017112406550000




みきちゃんの朝ご飯チキンナゲット!! 
ダッジャリィー〜。
2017112406550005