1月1日の朝から、まるで亡くなった母のように動いた。ゆで卵を7個作って醤油につける。夜の玉子サンド。数の子の出汁をとり冷ましておく。チキンは塩でもんで、ニンニク醤油に漬け込む。とりあえず・・・・。そしてテーブルを拭き、夜の残骸を掃除して、グリーンに水をやり、正月用の飾りを玄関に置く。残ったご飯でお結びを作り、小腹がすいた時の非常食。冷蔵庫を整理して、よし、コーヒーブログタイムで一呼吸。
やっと6時過ぎ朝がやってきた。
2018010106260000















2018010106260001




さあ今年はどんな年になるでしょうか? とりあえず大蛇の夢は見たから、大金は転がり込んできそうだナあ。

「働き方改革 “身分制” 打破から 橘玲の世界損得勘定
阿倍晋三政権の進める働き方改革では、残業時間を減らして生産性を高めることが強調されている。しかしその前に 『なぜ日本の(男女の)サラリーマンは残業時間が長いのに先進国で一番生産性が低いのか?』 ちゃんと考える必要がある。世界の労働者のエンゲージメント(会社や仕事への関わりかた)の度合を調べると、日本のサラリーマンは最低レベルだ。これを要約すると、“日本のサラリーマンはものすごく長く働いているものの、生産性はものすごく低く、世界で一番会社を憎んでいる” ということになる。なぜこんなヒドイことになるのか家庭に目を転じると、日本では若い女性の3割が将来は専業主婦になりたいと思っている。しかし不思議なことに、家庭生活に満足している女性の割合を国際比較すると、共働きが当たり前のアメリカやイギリスでは7割が『満足』と答えるのに、日本の女性は4割ちょっとしかない。」

いたずらのハチが、仕込のチキンや数の子の周りをうろついている。昨日は夜遅くまで、紅白歌合戦をじいちゃんとみやちゃんと一緒に見ていたろくハチ。
まだぐっすり夢の中の二人と違い、ろくハチの活動は始まっている。
2018010107040000















あー60回正月を迎えた。
今年は61回目だった。G線上のアリアで目覚め、すっごくいい天気。
1月1日からアカスリも予約した。いくらなんでも六本木の朝はまだ眠ってるだろうナあ。