セリーヌ・ディオンのCDをとりあえず買った。
ルンバの振り付けに使われている歌。題名がわからないが、有名な曲なので、ベストアルバムに入っているんじゃないかな。この?曲は偶然にも、みか先生の結婚式で外国人講師とみか先生がデュエットで歌ってくれた。

「日経ヴェリタス REVIEW  p.23
23年ぶり 
総務省が1月30日に発表した2017年の完全失業率は、23年ぶり3%を下回り、2.8%だった。『3%割れ』は働きたい人が全て就業できる『完全雇用』状態を示す。人手不足は日に日に強まっている。厚生労働省によると、17年の有効求人倍率は1.50倍と 前より上がり、44年ぶりの高さとなった。
仕事に就く女性は増え、15〜64歳の就業率は過去最高の67.4%だった。
4000年
決まった住居がなく、インターネットなどで夜を越す『ネットカフェ難民』が一日当たり都内に4000人いることが分かった。東京都が1月下旬に発表した実態調査によると、ネットカフェ難民のうち7割超は派遣労働など仕事が不安定な状況にある。年代別では30代(38.5%)と50代(27.9%)が目だった。1ヶ月の収入は11万〜15万円の46.8%が最多だった。

1週間に1回送られてくる日経ヴェリタス。ろくハチのケージの下敷きにピッタリ。だから内容はどうでも、使い道はある。
完全雇用といっても、自分の求める仕事と、仕事を探す人と、求人の職がマッチするかは定かではない。
35年前に遡って、子持ちの大学出の女が働ける場所は皆無。そして私が求めていたのは、事務系正社員。無かったなあ。だけど やっと あったあ!! でもそれは外側だけが事務正社員。仕事の内容はドアツードアのセールスだった。その頃、私達家族はネット難民じゃなくて、応接室難民だった。主人は会社を潰し、家はなく、義理の父の、お客様が来ない夜だけ使えるリビングに泊り込んだ!! もちろん、ドアツードアのセールスだって、月8万円を稼ぎだす社会保険つきの仕事をゲットしたわけだから、やるっきゃない。
そこが今の私の仕事の原点だ。 ありがとう。
どんなにか大変そうでも、自分の人生はその境遇にフィットさせて、どこに流れていくか、どんな渦の中でも、せめて自分の力で少しでも漕いでいきたい。そして、せめて自分の意志で流れる方向を決めたい。