「^鵬貅圈甲賀者の発生の要因について論じよ。
  忍術書“万川集海”について知っているところを述べよ。」
三重大、大学院で出題された「忍者・忍術学」入試問題の抜粋だ。「三重大大学院で忍者を専門に研究する人文社会科学研究科の専門科目、忍者・忍術学の初めての入学試験が3日、三重大であり、男性3人が受験した。忍者を学んで修士号を取得できる忍者研究の専門科目の設置と入試は、大学、大学院を通して世界初という。試験は筆記と面接。木の葉隠れなど追っ手から身を隠す “隠形(おんぎょう)の術” なども出された。受験者の一人(男性26才)は、忍者の衣装を着込んで受験。面接前に精神統一のため 忍者の呪文を唱え、志望動機を “忍者の専門知識を身に付けて発信したい” と語った。忍者、忍術学は、人文社会科学研究科の地域文化論専攻(定員8名)の中に新設され、4月から研究が始まる。三重県は博士課程の新設も検討している。山田雄司教授(日本古代、中世史)は、“忍者文化発祥の三重で、国内外の意欲ある研究者に門戸を開きたい” と話した。合格発表は13日。 (飯盛結衣) 忍者学入試 挑戦でござる 世界初・三重大学大学院 3人受験」

うーん、よかった。これは、とくにすっごく朗報だ。
とくは今、ムシ忍にはまっている。
あらゆる所にいるムシ忍たち。もしかしたらキミの足元にも潜んでいるかもしれない。
2018020508100000















いっしょにムシ忍を探しましょう。
2018020508100001




.船腑Ε船腑縫鵝
種族:チョウチョ種族、
生息地:くさむら、好物:はなの蜜、
特長:大きくきれいな羽でフワフワと宙を舞うムシ忍。からだは細くても自慢の羽を武器に、敵に立ち向かう勇気を持っている。
得意忍術:大きな羽をはげしく羽ばたかせて、相手をはじき飛ばしてしまうわざ、バタフライがえし。
▲ブトニン
クワガタニン
ぅマキリニン
ゥ魯船縫
Ε肇鵐椒縫鵝,覆病海。 
足に秘密の磁石が入っていて、ペタンとくっつく。これで、とくとバーバはムシニンかくれんぼをする。カーズから今はムシ。ただバンダイのプロモーションは、映画などないから、却ってとくの想像力を自由に羽ばたかせている。飛び級で、保育園3日(3日で退学)、小、中、高、大 すっ飛ばして、大学院で忍者学を学べたらいいのにナあ。
もうすぐ、とくの誕生日、3才!!  人間ってすごーいなあ。 生まれて3年の開発期間で、最高のAIに打ち勝つヒューマン忍ができる。しかもそれはまだまだ原石。磨けば磨くほど、とく忍は光り輝くだろう。だけど、もも忍の追っ手も迫っている。アハハ、バーバ忍は、城でも築こうかなあ。
お堀を とく忍ともも忍がアメンボーのように水中を走り・・・、 オヤ、天井の穴から何かがのぞいている!!
MAKEUP_20180205172729_save















DSC_1321




バイバーイ マタネー