最近、ホテルのオークラの缶スープを使って、スパゲティを作っている。
ヽ柱、ムキエビ、キノコ、サヤエンドウ、インゲンをバターで炒める。隠し味として薄口醤油をたらす。
△修譴法△好みの缶スープ。本日は トマトクリームスープ。
2018030805050000















ホテルオークラの缶スープは、比較的 粘着剤、PH調整剤・・・などの添加物が少ない上に、味がまろやかに仕上がる。1缶400円するけど、朝夜と2食に渡って使えるから、お徳かも。
あとはサイドに、レタスをバリバリちぎったサラダや、わかめキュウリの酢の物なんかで、超満腹!!
今日はデザートに太田さん差し入れ赤福。
私は こしあん大好物。太田さん、ごっつぁんです。 

え!? フレビオ先生ちょっとご機嫌が悪いのか? 
“ほーらまた、左でまわった”
“もう一回”
“え!?”
“もう一回”
“よし じゃあ、みせてあげよう!!”
なんと私がまわる姿の足をビデオで撮って、再生。エビデンスが表れた。
たしかに、ふらつきながら軸足じゃない方で、足を回りこませて、回ったかのように・・・・。
本気で指導しているのか?
今日は機嫌が悪いから、徹底的に正しているのか?
ダンスは戦いになってきたぞお。
こうなると末口ジャスミンは、逆に強くなる性格だ。
“よし、そっちがその気だったら、徹底的にやってやろうじゃないか”
ダンスは、その人の性格が表れる。

「93年 外資系の会社に転職した。会社は劇的に変わった。ボスは本国在住のアメリカ人。倫理観を持って顧客のために、従業員のために、社会のために、最後は株主のために良いことならば、全ての権限を委譲してくれた。その最初が裁量労働制だ。
…垢をもって尊しとなさない。
求めているのは時間ではない。成果だ。
残業手当は廃止した。完全歩合給の営業マン制度を導入した。むろん、どこかに訴えられたら勝ち目はない。その際は、ゴメンナサイだ。結果、ほとんどの人は残業しなくなった。お父さんは家庭に戻り、私生活を楽しむようになった。業績は急成長した。たしかに何をやろうともブラック企業は存在し、ゼロになることはない。しかし、時と共に、自然淘汰されていく。時代遅れの働き方を変えるのに、日本は一体全体何年何時間をかけるつもりなのか。冷戦終結後、沈み続ける日本。さてどこまで沈んだらお気に召すのか。
その責任は誰がとってくれるのか?
チェンジだ!
カルビー会長CEO 松本晃 あすへの話題 2018.3.5 変わらないなあ・・・・ 」

よし、軸で回る。軸で回る。軸で回る。
私は、まず、頭にインプットして、次に潜在意識の中に埋め込んで、身体で記憶するまで、何回も何回も・・・・。
この要領で、自分を変えていく。
まずどう変えるのか? そこんとこ 正しい方向性がいる。