バーバおはよう
昨日はとうとう徳が桃にやられました
徳が桃のほっぺたをパンチして… そしたら、桃も徳をパンチパンチパンチ
そして歩行器で体当たり
IMG_20180513_043941











DSC_2227















3才のとくは、身体が自由に使えない6ヶ月の桃の上にたっていたが、とうとう歩行器を自由にあやつる桃に!!敗北〜。
これで、こころが弱い徳は桃の下につくナあ。
ろくとハチも、ろくが上でハチが下だったけど、あるときから逆転した。
必ず2人以上の人がいる時どちらかが、リーダーシップをとる立場が決まり、上と下ができる。
私のルンバ、カップルダンス。技術力、力すべての面において、若い外国人ダンサーの彼が上だ。上のはずだ。でも 多分、いや間違いなく、そのうち・・・・。

「肌に心地良い風が吹き、青葉から柔らかい光が漏れる。気分のいい季節を迎えた公園のベンチに腰掛けていると、せわしなく動く影が足元に寄ってきた。ハトたちだ。この平和の象徴も、二つ大戦では、通信手段として軍に大量動員されている。第一次大戦の激戦地、フランス・ベルダンの戦跡には一羽のハトを顕彰するプレートがある。包囲された全滅寸前の部隊が、助けを求めて放った伝書バトだ。毒ガスの中を飛び、瀕死で鳩舎に戻ったという。帰巣の能力は人間をはるかに上回る。秘めた能力はそれだけではない。『鳥!驚異の知能』(ジェニファー・アーカーマン)は、鳥の知られざる知性を紹介した驚きの本だが、これによると、ハトは、一部の統計問題を多くの人より正しく解く。人の顔から感情を読み取る。
世界で繁栄する鳥でもある。やはり平和が似合う。愛鳥週間は16日まで。  筆洗 2018.5.12 」

日曜日の静かな朝6時。私はコーヒータイムと学びの時間。
鳥たちのろくとハチは? ハチは私のベッドにもぐって、ヒシャクのキキと2度寝タイム。
ろくは、スポンジグリーンと、床でおにごっこ。
みんなそれぞれの日曜日の朝を楽しんでいる。
うちは一年中愛鳥週間だナあ。