4時起きでも、6時出発はバタバタだ!!
おかげで、携帯をテーブルの上に忘れてしまった。 ま、いいか。
今日から3日間、店まわりをする。
まずは、博多リバレイン。ダンスのスタッフに会って、新人講師にも面接。そこから関西、東海へ移動。
ちょっとお腹の具合が悪い。昨日食べたワカメかな!? だいたいこの症状は これが原因で とか分かる。まあ、腸のデトックスと考えればいいかな。
ところで、留守の間 ろくハチ、金ちゃん銀ちゃんを見て下さってるお世話係の店長さん。
“腰の具合が悪いんです。しかも昨夜39℃も熱がありました。” と、家の鍵をとりにオフィスに来られた時話された。 “大丈夫ですか? 何かあったんですか?” “いやー、太りすぎでしょうか。腰はけっこう昔からで・・・・” 
“だけど、そう言えば、昨日店の前に、野鳥が捨てられていたんです。” 代官山でペットショップをやっておられて、店の前に置いていたケージに、ウミネコの子供が入れられていたらしい!?! 私も以前福岡にいた時代、ツバメの子供やら、カラスの子供やら・・・・、たくさんの野鳥に触れていた。だけど、ツバメの時は、私が飼っていたオカメインコやボタンインコに、かいせん症という野鳥がもつ病気がうつって、目などがやられて、鳥の専門病院へ駆け込んだ記憶がある。
“愛のあるところに、まあいろんなものがやってくるもんですネ” と、どうぞお大事にして下さい。
それにしても、ウミネコの赤ちゃん!? 39℃の熱。 誰がケージに、どうしていれたのか!?
たまたま散歩してて、見つけて、助けてあげようとして、ペットショップだと、お世話してくれると考えたのか!? 不思議なことが、世の中は起こるもんだなあ。
手帳をくってみる。二つの言葉の意味を調べて書き写したところが目に付いた。
とりあえず、書いておこう。
Scape goat  スケイプゴート
身代わり生贄(いけにえ) 聖書由来の用語。不満や憎悪。責任を直接的原因や人に向けるのではなく、他の対象に転嫁することで、それらの解決をはかる。贖罪のヤギに人の罪を負わせて荒野に放した。
炭鉱のカナリヤ
炭鉱においてしばしば発生する メタンや一酸化炭素といった窒息ガスや毒ガスを早期発見のための警報として使用された。カナリアは常にさえずっているので、異常発生に先駆けて、まずなき声がやむ。