岡山に途中下車をした。ママカリ寿司をつまみながら、“ 商店街はどちらですか?” と聞くと、 “ え!?商店街ですか? ほとんど閉まってますけど。”
何で行くんですか? みたいな答え。大きな桃がアーケードの上にある。駅前の道路は自転車攻撃がすさまじい。油断大敵!!
「自転車立入禁止」の大きなマークがアーケードのど真ん中にあった。2〜3軒ごとに開いているのは、マッサージ、整骨院、奥に生き残っているのは、多国籍料理、古さを感じる毛糸編みの店・・・。その通りを学校を終えた高校生たちがゾロゾロと歩いてくる。商店街は安全な通学路になっていた。地下にもぐれば、けっこう人がいる。イーオンや高島屋に通じていた。人の流れが変わったんだろうナあ。
博多リバレインも、店の中はガラーンとしていた。だけど、建物の外は人が流れている。川端商店街はそれでも活気が見えた。
ダンスのスタッフ、新しい英語の先生、いい感じだ。
一人一人の顔が個性があって生きている。りっぱな先生に成長してくれるだろう。
よし!!

じいちゃんにも、椎葉さんから頂いたおいしいマンゴを届けた。ひ孫のももを抱っこして、大満足にみえた。
“ おいしいマンゴを・・・・ ” 
“ あーちょっと待って ”
私はヘルパーさんに止められた。 
“ 命とりです。やっと退院できたんですから。アイスクリーム一口も、お水だって ”
誤飲性肺炎を誘発するとのことで、胃ろうをすると全て口からのものはダメ。
それでも、じいちゃんは起き上がり、車イスでももを抱っこして、帰りしな玄関まで私たちを送ってくれた。
自分で建てた家、46年間根を下ろした街にもどり、やすらかなオーラを感じた。
88歳、“ またくるネ ” “ また旅行みんなで行こうネ ”
始めの言葉には、うんと言った。何回か繰り返した私の言葉に、二つ目は返事をしなかった。
新潟で3年間ねかしている、めんこう未来。3年前に一緒に八海山酒造に旅行して、もうそろそろ2月には仕込が終る。 “ 美味しいお酒が あと少しでできあがるよ ”  かすかに うんと言った。

さあ、今日は大阪の店をみてまわる。まずはアベノハルカス、そして和泉に!!  
人の流れをみてみよう。
人の流れは、右へ左へ、上へ下へと 続く。 だけど、その行方は、障害物やら、人の思いやら、振りまかれた情報によって拡散し飛び散り、変わっていく。商売は、その流れを読むことも大切。それに流れにのることも!!
だけど・・・・。 できればその流れを新しく生み出すことができれば、さらに よし。

「月に満ち欠けがあると思うが、月自体は常に満月である。自己を信ぜよ」