日曜日はみんなでワイルドチャイルドのお世話。とくとももはエネルギーの固まりだから、孫もりは大変。たこ足みたいに手や足が何本も欲しい。
カーがももにミルクを、
DSC_3165















私はパズル遊び。
DSC_3160















ご褒美にひろ君がご馳走を作ってくれる。
DSC_3162















これで1週間は、あっという間に、仕事、ダンス、孫守りで終っていく。あっという間を縫って、今日の日曜日、1冊半の本を読んだ。ラインをひいたところを書き写す。

「人生を黒字ににするお金の哲学 林 總
人生を黒字にする
お金というものはたくさんあればよいということではありません。収入が多くても、幸せではない人もいます。収入が低くても、楽しく暮らせる人もいます。黒字の人生とは、仕事や人、健康に恵まれ、お金とうまくつきあっていける人生。私の人生は満足いくものだった。と感じられる人生だと思うのです。
\深造任△襪海
∋間を大切にすること
1鵑ぬね茲鮓据えること
・お金に関する不安の多くは、収入が安定しないことによって起こります。つまり、マネープレッシャーを小さくするためには、お金が途切れる心配を取り除くことが重要です。いつ何が起こるかわからない世の中です。常に先を見て、行動することが大切になります。もし収入が途絶えることがあっても半年くらいは食べていける貯蓄をプールしておくことで、マネープレッシャーを小さくすることができます。
・お金は好きなことや楽しむことに使うものです。そうでなければせっかくのお金を生かすことができません。
・お金というのは自分や家族が幸せになるためのツールの一つです。
・お金は人を幸福にも不幸にもするのです。
・通常、よい借金は金利が低く、悪い借金は金利が高い。金利をみれば、よい借金かどうかの判断はできるでしょう。
・自分の時間コストを理解している人は、他人の時間も尊重します。
・資産の多さより、よい人間関係を築けているほうが、はるかに重要なのです。
・時間が経っても変わりにくいのは本質的な部分です。相手にも自分自身にも、誠実な人格や品格が一番大切です。
・お金が貯まる家庭の冷蔵庫には、必要最低限のものしか入っていません。」

本を読む、ラインを引く、ノートに写す、これで少しエキスが頭に入る。でも、ラインを引いたところは、あー私の考えと一致してるナあ。やっぱりそうなんだ。間違っていなかった!! というところが多い。
じゃあ、私の考えは正しい。よしと自信を持って、より強固にすすめていく。迷いや不安が払拭されて、王道を行くには、本がいい手引きとなる。
よし、学び行動し、目標に向かってしっかり歩いていこう。