ひとりでどんどん作ってる。
DSC_3555















モモはぐっすり。
DSC_3556















なぜか、メラメラと、とくが泣いて、
“バーバ、ブロックがしたいよ〜” “バーバ、ブロック〜”
“だって、今日は時間がないから” 
“バーバ、ブロック〜” 
“ほうら、外の緑の葉っぱがゆれてるネ〜” “不思議な木があるよ〜、セミはいるかナあ。・・・・・”
と、なんとか気持をブロックからそらさせて、1日2日後、新宿高島屋へ出掛けた。ドリルのレゴが気に入ったらしい。早速家に帰って、説明書を見ながら、組立て始めた。
DSC_3554















とくは、自分がやりたいこと、興味があること、できること、できないこと、あと一歩で完成するもの、周りの大人をうまく使って、自分の好きなことを一緒にやること、お友達とワイワイ遊ぶこと、・・・・・、いろんな楽しみかたを経験している。これからもっともっと とくの翼は広がっていくんだろうナあ。バーバだって、負けないよお。バーバだって、まだまだやりたいこと、あと一歩でターニングポイントだったり、まだまだ夢や目標が大きすぎて、たっぷり時間がかかるもの・・・・、もりだくさんだ。

「プロキシーファイトは負けたものの、ファンドでは東京スタイルの株式を引き続き保有していた。そんな中、証券会社のプライベートバンカーから、高野社長ほど公私混同がひどい人はいない・・・・・という話を聞いた。私は東京スタイルが2001年大手スーパーマイカルの破綻などによって73億円の損失を出した経緯を調べようと思い、投資に関する議事録の閲覧を請求した。インサイダーになりそうな箇所は黒塗りされていたので、ほとんどまっ黒の議事録だった。しかし、73億円の損失の引き金となった1999年の多額の債券投資が取締役の決議を経ていないことがわかった。
多額の損失をもたらした投資はなんと高野社長の独断でなされていた。東京スタイルは、1千億円近い投資運用をしていた。にも拘らず、社内には投資を担当するセクションがない。すべて高野社長の独断だ。社長は、東京スタイルが自分の私有物であるかのような勘違いもしていたらしい。」 生涯投資家 村上 世彰

台風は去ったのか、外は雲が立ち込めているが、雨風はおさまっている。日曜日、発表会まえの小休止。
あれれ〜、ももが一人で立っていた。
DSC_3548















しかも、トウで!!
DSC_3550















台風でゴミは吹き飛んで、爽やかな静けさにつつまれたお休みの日。
ゆったりとゆっくりと、過ごそうっと。