土日出勤休みなし、4週目。カーと私。カーはマスクを常用して、アルコールは絶っている。体調は? 風邪か。咳が出てるが、始めのころより、よくなってきている。私は、少しボーっとしている時間がほしい。あと、夜9時には寝ていたのが、10時半となり、4時起きがぐずぐずしているので、そんなときは、あっさりと5時30分まで寝ることにした。
口の中の左奥に、1コ 口内炎らしきものを感じる。よし、今週どこかでプチ断食をいれてみよう。疲れを感じる時は、私の場合、塩辛いもの、味の濃いもの、油が強いものが欲しくなる。そんな時は逆に、腸を休ませてあげた方がいい。1日2食を、あえて今日は朝食をバナナ1本と水分にして、今週水曜日あたり夜を抜いてみよう。

「もうひとつ突然の訃報といえば、“大家さんと僕”のモデルの大家さんが亡くなった。お笑いタレント矢部太郎さんが、間借りしている家の高齢の女性大家さんとの日常を独特のタッチで描いた漫画で、単行本はベストセラーになっている。その大家さんが亡くなって、矢部さんはショックを受けたようで、連載漫画はしばらく休載となった。
9月6日号には、矢部さんの“読者のみなさまへ”というメッセージが載っている。“あまりの突然のことで僕はまるですべてが失われてしまったかのように喪失感でいっぱいです。” そして こうも書いている。“大家さんは8月が一番好きだと言っていました。理由は戦争の番組をたくさんやってくれるから。そして矢部さんは戦争に取られたくないともおっしゃいました。僕にとっても8月は特別な月になりました。」
漫画は人気上昇中で、私も楽しみに読んでいた。さくらさんと大家さんの冥福を祈りたい。(月刊『創』編集長・篠田博之)

“すみません。体験途中で帰っちゃったんです。”
あー顔見知りのママに女の子!!
“さっきお友達が体験レッスンの申し込みされましたよね。うちの子も、もう1回ご一緒に参加させていただけますか?”
ママは子供にバレエを習ってほしい!!
だけど女の子は、初めてのバレエにすっごく緊張している。小学校のお友達を誘って再チャレンジ。私は女の子に話しかけた。“もう一度やってみる?” “うん!!” “よかった、先生も淋しがってたから喜ぶよ”
ハイコレ、女の子は袋の中から、まあるくてちっさな飴玉をさし出した。
“ いらないよ ”
“ 食べなよ、おいしいよ ”
“ そっか、じゃあ、ありがとう ”
私はつまんでポイっと口に入れた。 
“ シャワシャワでおいしいネ ”
“ でしょ。ソーダ味だよ ”
久しぶり、本当に何十年ぶりに飴玉ソーダ味を食べた。
北千住のキャンペーン会場が、何かほんわりとした愛で包まれて、いつしか私のホームグランドのようになっている。すでに英語とバレエで200人近いママ、パパ、じい、ばーばに、子供達に お近づきになり、心がふれあってきた。新しい学校、新しい生徒たち、ゼロから築き上げていく運命の出会いが始まった。
10月まで、開校式まで、体調を万全にキープしよう!!