とれたてのトウモロコシ!! そして富良野のチーズもいただいた。
真知子さんが帰ったその夜に北海道での地震。
“末口さん大丈夫? 北海道にも物件があるっておっしゃってたから”
札幌の不動産管理会社とは、2日、3日連絡がとれなくなっていた。
やっと電気が動き出し、大型ビル、木造、鉄骨、液状化した地域などを社員さんたちが順番で、管理会社ばまわり、そしてメイルが送られてきた。
「いつもお世話になっています。平岸、スターエステイトの点検をしてきました。札幌でも大きな揺れを感じましたが、共用部、外まわりで異常はありませんでした。電気、ガス、水道は使用できていて、入居者からの連絡もありませんので問題はないと思います。宜しくお願い致します。」
まずは、入居者が無事だったので、ほっとした。以前九州で持っていた2階建てアパートは、起こらないといわれていた地震で、壁に亀裂が入り、水道タンクも損傷した。それは、今ではさら地にして、駐車場から、海の家、星の家という一戸建て物件として、生まれ変わっている。
リアルアセットメント(不動産投資)は、長いビジネスだ。10年20年30年と、そのたっぷりとした時間のなかで、地域、土地、市場の変化、自然・・・・・などがかみ合わさって、ゆったり動く。九州、北海道、東京、フィリピンと、私はポートフォリオをかけて、地域の不動産会社とつながって微力ながらも経済をまわしている。

「とり年
その道において 他人の倍努力すれば その道の達人になる  松風庵主 」

「10年前、米ニューヨークで競売にかけられた木造の大日如来坐像。12億5000万で落札された。美術史場最も有名な運慶の手によると推定されたからだ。大日如来は密教の中心となる仏で、宇宙の真理そのものとされる。左の人さし指を右手で握る手の形は、この像が金剛界という堅固な知恵の世界の象徴であることを示している。
2018091206230002















人々を見下ろすような眼には水晶がはめ込まれ、のぞき込んでも視線が交わらず宙を見つめ続ける。
目を凝らすと、人間のように耳や鼻の穴もあいていた。
“直径2ミリの耳の穴をのぞくと、反対側の耳の穴ごしに向こうの壁が見えますよ。”
エックス線の透視で初めて分かる。胸の中央、人間の心臓のあたりに据えられたのは、ハスに包まれた水晶珠。
2018091206230001















心月輪(しんげつりん)とよばれる。仏の魂を表す。背骨のように体を貫く木札の先端は、すべての根源をなす地・水・火・風・空を意味する五輪塔をかたどった。耳の穴に内視鏡を入れて調べると、内側は金箔で輝き、木札の五輪塔には五色に、下方は白く強力な呪文が書かれていた。」 
大日如来像 文 矢島智子

渋谷西武のカレー店に、ガネーシャが飾ってある。
とくと お参りをして、手を合わせる。
“象さんの顔に手が4本あるネ”
“手がもっとあるのが、千手観音だよ”
え、どうして、3才のとくがそんなこと知ってるの?
“今、千手観音って言った?”
そうだよ と言って、とくは 千手観音の手の形を真似してやってくれた。不思議だ。
“ すべての根源をなすのは、地・水・火・風・空 ”
動物や植物、そして子供、人間の大人以外は、もしかしたら、地・水・火・風・空 に、すべての根源で、つながり続けているんだろうか・・・・。