9月もあっという間に終わっていく。
プレゼントされたケイトウの花にピンクのバラ・・・・は、4日目も元気。
2018092505380001




水を入れ替える。黒鳥と名前がついたダリアと赤いバラは こうやって生かせておく。
2018092505380000















まだまだお花は楽しめる。
6時を過ぎると、ストーンと暗くなって、急に淋しくなる。だから、お月見のだんごをパクリとほおばる!!
お休みなしで、8月11日から仕事をしていると、身体の芯の疲れがとれない気もするが・・・・、私は時間を目一杯使いたい!!

「アメリカの企業では積み上がってきた資金や投資された資金は、M&Aを含めた事業投資を行うなど、企業価値を向上させるために積極的に使われる。使い道がなければ株主に還元し、また必要になったら市場から調達する。という流れが当たり前にできている。手元に残さない経営だ。そうやって資金を循環させることで、上場企業はさらに多くの投資を呼び込み、業績が拡大する。それが株式市場のみならず、経済全体の成長につながっているのだ。Appleは3年間で450億ドルに及ぶ、資本還元プログラムを実施することを発表した。(2012〜2016年)現在では、その規模を2000億ドルにまで上げ「超」がつくほど積極的な株式還元を行っている。財務諸表で、はじめ2012年度は、レバレッジを一切きかせていない。この還元プログラムで大きく変わったのが、Appleのレバレッジだ。無借金だった2012年。それ以降、社債の発行や借入を大きくした。その結果4年で総資産は2倍近くに増えている。社債の発行や借入を含めて資金を循環させることで、より高い利益を上げている。」 生涯投資家 村上世彰

B/Sを見ると、お金を道具として使い、規模を大きくして皿回しの皿をぐんぐん大きくしているのがわかる。
2018092506270000




小さい皿より大きい皿の方が、遠心力を使って、よりダイナミックにぐわーんといく。それはAppleという世界中からの知名度ブランド力による株式市場からの資金調達力だ。
マネーのパワーは、中小企業だって、ファイナンスを学べば、お金を道具として使うことはできる!!
私の月〜金はオフィスデー。さっそくファイナンスのお仕事、社長業に専念する。そして土日は、現場の市場マーケティングとなる。どちらも たのしい!! ワンカップ トゥー フレーバー だ。

とり年
欲望の働き、理性の働きが渦巻くが、一番奥底に霊性の働きがある。 松風庵主

ルンバの音楽をかける。
私は、ビジネすの世界に生きている。だけどそこで出会う人たち、一緒に仕事をする仲間、そして家族、鳥、グリーン、金ちゃん銀ちゃん、花たち、バレエのお姉さんたち、先生、・・・・ あ、そう言えば、若い男も!!
1週間ご無沙汰だった。水曜日会える!! プロ試験合格したかナあー。
と言うわけで、私は、ワンカップ スリー フレーバー!!