金曜日、朝おいしいブレックファーストをつくる。
コーヒーは、
2018092804560000




コーヒー豆ガテマラサウシアス農園産、豆は銀のスプーンで2杯。豆を一気に挽きあげる すぐれもの電動ミル。5杯分のコーヒーをドリップ式でたてるポット。
それにお気に入りのバター&ジャム。オープントーストはハム&レタス
2018092805080000




元気でおいしい朝は、一日がリッチに始まるセレモニー!!

「第8章 日本への提言 生涯投資家 村上世彰
日本の経済を活性化させ、成長を促すためには、資金の循環が必要であると繰り返し述べてきた。ここで具体的な方法について考えてみる。
ヽ式会社日本
ここで日本の上場企業全部を一つの株式会社日本と捉えてみよう。株式会社日本の株主は、個人、年金、生保、投資信託の合計で、大きく過半を超える。要するに、この国の主権者である国民がこの会社を好きなように経営できるのだ。国民全体が投資家だという立場に立ち、株式会社日本をどのようにガバナンスすれば発展に導くことができるのか、考えてみたい。現在の株式会社日本のバランスシート(B/S)は、当期利益35兆円、自己資本比率は50%弱、ROEは6〜7%。ROEを上げる方法は、自己資本を減らすか、利益を上げるかの二つに一つしかない。
日米の比較をしてみると、自己資本の金額は、ほぼ同じ。にもかかわらず、利益はアメリカ企業の1/2、で半分。ROEも1/2。過剰な自己資本によってROEが引き下げられている。本来であれば、100兆円程度を銀行から借り入れ、より積極的な事業投資や自己株取得を行うべきである。利益は還元し、新規事業への投資は借入によってまかなう。こうすれば、銀行に眠っている巨額の預金も有効に活用される。適度なレバレッジを効かせながら、継続的な成長に向けて積極的な投資を行うべきなのだ。目的は資金を循環させること。資金が循環し始めれば、景気は必ず回復し、経済は成長する。」

中小企業も日本株式会社のひとつ。
私も小さいながら、投資を行い、未来への種をうえている。MBBは今年の決算で債務超過も脱することができた。これから次の目標に向かって、資金を循環させていく。
8月11日からチラシ配りを始めた。北千住校は、明日オープニングセレモニー!! でもまだまだチラシ配りの手は抜かない。
最高値まで突っ走ろう。ランニングハイになってきた。ゴーイングコンサーンだ。

松風庵主 
28日 ね年
魂に老いはないと自覚して 吉祥とせよ。