土・日・月の三連休。
土・日は北千住でチラシ配り。そして今日はオフィスへ行く。フーが給与計算のため祭日出勤。ドロシーもJシャイン指導のため出社している。朝刊は、明日休みなのか、2日分占いがのっていた。
2日分の未来をのぞく!!
8日 とり年  「大輪の花が半ば開ける象。もうあと一歩のところ焦ることなかれ。」
9日 とり年  「成功は事を大切にすることにより生じると知って開運。」
なかなかいい運勢だ。
じゃあ、土・日・月と休んでいなくってよかった!!
ところで、私は、休みなしで、働くことにより、一人でボーっと考えごとをする時間が短くなっていた。これも私の大切な時間。何とかできないかナあ? このボーっと、リビングの大きな木の机の上に、本やノート、筆記用具にコーヒーを友に、ペンを走らせていると・・・・・、けっこう考えがまとまって整理され、行動プランがすっきりしてくる。 ・・・・・・ よし!! 私はチラシ配りの北千住でお客様を待つ時間に!! その時間をつくりだすことに成功した。チラシ配り&内職を同時に。
キャンペーン会場は、アディダスの壁通路沿いに細長く並んでいる。そこに長机と子供机を出して、目の前を歩いて通り過ぎるお客様に声をかける。
“ バレエ習いませんか? 英語始めませんか?”
すると興味をもったお客様が立ち止まり、長机に近づいてきて、“ チラシ下さい ” “ どこでやってるんですか?” などと聞いてこられる仕組みだ。チラシや入学の案内を取り合えずもらって行かれる方が5人くらい。実際に説明を聞いて、“ ちょうど探していたんです ” という方が2〜3件、それに加えて体験予約される方も2〜3件という具合だ。だから、7時間のうち半分くらいの時間はボーっとしている。ということで、このボーっとした時間、私は内職をすることに決めた。けっこうはかどる。銀行から提出して下さいと言われた事業五ヵ年計画書を電卓を片手に書き上げた!! それに、不思議なことに、この内職中、ボーっとしている私に向こうからお客様が人生相談のようなお話にやってこられた。
一人目の方は、自分が勤めている保育園の園長先生が、春までにもしかしたら、園をしめるかもかもしれないというお話。そこには外国人の子供もたくさんいて閉園になると・・・・。 私はふんふんとそのお話を聞き、私どもから外国人の先生を派遣して何かお手伝いお力添えできないか考えてみる・・・・・。そして、ホットされたのか、少し笑みが出て・・・・、“ がんばって下さい ” と立ち去られる。
次は、少々大柄の方。 “ 私でもできますか ” “ もちろん!!ぜひ始めて下さい ” “ 身体が資本ですよ ” と、入学願書を出す。“ 私何も持ってきてないんです。” “ いいですよ。ペンはここにありますから ” “ あら こんなにするの?” “ ハイ、バレエですから ” と、そこから、彼女は検査技師として働いて、出張出張と続き、お父様が亡くなられ、実家の近くに戻り、高校の先生として今は仕事を始めたこと・・・・。等など話は尽きない。
“ じゃあ柿園さん、レッスンルームにご案内して!!”
“ そして、地獄の特訓お願いしまーすって先生に伝えてネ ”
“ ウヘェー!!”
“ そう レッスンルームは鏡張りのお部屋ですから、そこで自分のことをしっかり見つめて下さい!! 前から 横から  そして後ろも!! 自分と向き合って、自分に投資して下さい ”

“社長そろそろ時間ですよ!!”
あー 今日も しっかり仕事したなあ。
そう言えば、昔私は仕事が首になったらタクシー運転手になろうと思ったことがある。その時は、車で九州から関西まで仕事で走り回っていたから・・・・。次に 占い師も考えた。たくさんの人を面接したり、営業で話したり、とにかく相手のことを見て、観察して・・・・、人が好きだった。
だから、六本木の母として、アマンド前に占いの提灯を出してお店を開けば、絶対長蛇の列ができる自信がある。
チラシ配りは、本当に楽しい。いろんな人に出会えて、お近づきになれる。しかも内職までできるから・・・・。
次の土・日が待ち遠しいナあ。