とくの鼻かぜが ももと私にうつった。
鼻と喉に炎症があるのか、少し熱っぽい。
“ハチ、ママ風邪だから、気をつけてネ。鳥インフルエンザにならないように。”
と、ひとこと言っただけで、今日は、ハチは、私のベッドに絶対に入らない!! 二度寝をしない。“うつらないようにしようっと” と、すっごく頭のいい鳥。 私が話していること、人が言っている意味がわかるんだ。

「751万人 “要介護者” は 増加の一途
厚生労働省の推計によると、介護を必要とする要介護者の数は751万人と、17年と比べて294万人増える見通しです。50年時点の65歳以上の人口は3841万人と、国民の2.65人に1人が高齢者になります。少子化も進むため、1人の高齢者を、1.4人の現役世代が支える時代が到来します。老人ホームなど介護施設では深刻な人手不足が続いています。介護職は、心理的、体力的に重労働が求められることが多く、足元の有効求人倍率は4.16倍に及びます。全体の有効求人倍率は1.48倍ですから、介護職は3倍近い。その一方で、自宅での介護を希望する人は多く、全体の73.5%を占めています。介護施設に限りがあり、今後は自宅での介護を支えるサポート体制を充実する必要がありそうです。」 日経ヴェリタス

私の頭も、じいちゃんが山王病院、青山に来て、介護の雲で覆われている。
なんだろう、この重たさは!?
“口腔衛生用のソフトブラシお願いしまーす”
“・・・・サーキュレーターお願いしま” “洗面器、も”
“ガーゼ、3儚僂函⊂弾罵僖潺襯肇鵑願いしまーす”
“尿漏れパッドに口が渇くから加湿器、タオルの・・・・”
ハアー、港区を駆け回って探す。
チーム 治(オサム) のプロフェッショナルたちは、かいがいしくベッドの周りを取り囲んで、リハビリやしもの世話、そして胃ろうの食事、痰の吸引と頑張ってくれる。
・・・・・・。
介護はすっごく難しくなったのかも・・・・。素人で生活感のない私はお手上げだ。 じいちゃんは生かされている。
ところで今朝は、自分でスエットを脱いでオムツをとって、おもらししちゃったんですよ!!
“じいちゃん、おとなしく、おりこうにしててネ。ヘルパーさんに迷惑かけちゃだめだよ!!” 私は声をかけた。
あーだけど、よくよく考えたら、じいちゃんは自分で朝おしっこをしようとして、失敗したんだ。
青山のマンションに帰って、じいちゃんは俄然頑張ろうとしたんだろうナあ。あーこの混沌とした介護、そもそも介護という名前がダメだな。本人の自立の気持を削いでしまうし、周りの人は介護を学ばないとやれなくなる。そしてそれには特別な介護専用のものを買わないとできない。
このマンションには、主婦あこがれの大型食洗機、オーブン、洗濯機、乾燥機、大型給湯器・・・・、とにかくありとあらゆる素晴らしいものが勢ぞろい。
私はほとんどを使っていない。使い方がわからないし、覚えるのが面倒だから・・・・。
ハアー、生活は便利になれば、複雑になり、そしておいてけぼりの人も生まれる。
何か世の中変だよ。 
ちょっと、落ち着いて、ゆっくり、介護!? 違う!! じいちゃんとの生活、くらし を考えてみようと!!