「芸術家といえば夜っぴて作品に取り組む夜型の印象があるが、朝早くから仕事に取り掛かる朝型もけっこういる。作曲家のベートーベンは夜明けとともに起きたという。モーツアルトもそうで、午前6時には髪のセットを終えていたらしい。作家のアーネスト・ヘミングウェイは前の晩、どんなに飲みすぎても、午前5時半には起きた。
“毎朝、夜が明けたらできるだけ早く書き始めるようにしている。誰にも邪魔されないから” 」 筆洗

私も、4時起き、朝ブログが習慣になってから、頭の中の整理がしっかりできるようになった。一日活動をして、ぐちゃぐちゃになった頭のまま、とりあえず、食事、リラックス、シャワーを浴びて、ゆっくりと夜を迎えて眠りで発酵させる。そして、夜明け前から好きな音楽とコーヒータイム。とってもいい!!
それに一日二食!! これもいい。まずランチを食べる場所探し、食事の時間がカットされる。その間、私の内臓は休める。もちろん、しっかり、おいしい朝食と夜のディナーは、腹ペコだから、すっごく充実する。自分で淹れるコーヒーは特においしい。だから、私はスタバやら、そういったところでは、水しかとらないし。だって、私の考えるおいしいコーヒーとは別ものだ。
このマンションには、一階のロビーに無料のコーヒーマシーンがある。
“ママ、みんな、わざわざ一階に降りてコーヒーを部屋まで持ち帰るのよ!!”
ヘエー、いくら無料でも私は飲まないナあ・・・・・。
で、いつもの生活を続けているのに、なぜかみんなから、“末口さん痩せたネエ” と、ここ最近言われていた。久しぶりに時間がとれて、アカスリへ行った。ここには体重計がある。“あれれ・・・・・” たしかに、42kg!! マイナス3kgに!! どこの肉が落ちたのあかなあ。
“末口、もうそれ以上痩せちゃあダメダよ。” アカスリの宮本さんが言った。筋肉は、落とさないように、脂肪が燃焼したんだったらOKかナあ。顔まわりがすっきりした気もするし、腕のタプタプも取れたかナあ。

「ただし、容姿の中で顔を特別に重要視するのは、日本だけのようです。2017年に行われた日本美容外科学会の調査によると、日本の美容外科手術の約9割が、顔と頭部であるのに対して、世界では顔が占める割合は4割ほど。調査の結果は、日本がいかに顔中心であるかを示しています。」 損をする顔・得する顔 山口真美

“バーバ、早くして。早く。42階に帰ろうよ。” とくと、ももをお守しながら、本屋で本を選ぶ。“ちょっと待って、今おもしろい本を見つけたから・・・・”
明日から三連休。川口そごう店、北千住マルイ店、北千住マルイ店と、通勤の電車の中で読もうっと。
葬儀の日 一日お休み! あとは、ヘルパーさんがすべて、父の遺骨やお参りのお客様を見てくれているから・・・・。 ありがたく仕事に戻らせていただいた。
みなさんありがとうございます。 お蔭さまで父は幸せでした。そして私はいつもの生活と仕事い戻ることができました。
ありがとうございます。