夜があけてゆく
2018122906050000




すっごくうれしい。
大好きな東京の街、そして青山に戻れた。
ハチは少し怒っている。一泊して誰も帰ってこなかった。夜が明けない暗いうちから、“ピィーピィー” と私を呼んでいる。昨日もそうやっていたのかナあ。気が立っていて、カプリとヒロと私にかみついた!!
そして、やっといつもの朝が戻ってきた。私のベッドで二度寝タイム。
裸族ファミリーは、鳥もグリーンも魚たちも、一緒に朝を迎えたい。

「たしかにそこにあるはずなのに、みえないものがある。宇宙から降り注ぐ素粒子には、私の手のひらを毎秒1兆個も通過しているものがあるそうだ。小さすぎて感じられないという。古い民謡で、“声はすれども姿は見えぬ”と歌われたのは、“深山のきりぎりす”。 優美な鳴き声は聞こえるが、森の中で小さな姿を見つけるのは難しい。美声のきりぎりすか、宇宙からの素粒子か。いまの景気拡大である。バブル景気で始まり実感なき景気で終わりそうな平成の日本経済である。この30年間景気に教えられたことは多い。今後消費税増税に米中貿易摩擦といった不安要素が控える。いつか好景気を感じられる日は来るのかと手のひらをみつめる年の瀬である。」 2018.12.25 筆洗

“ママ、誰もお買いものしてないよ。だから、私がお店の袋をかかえて、とく、ももの洋服をみていると、店員さんがずーっとついてくるの”
大型ショッピングモールの一番館から七番館まで。5000台の駐車場を持つ、エリアナンバーワンのお店。すっごいテナントが充実している。端から端までビュワーンと見て回る。そしていつものごとく、食品売場も。あわびはおろか、魚はいまいちだ。ただ肉は充実している。みんな車でやってくる車社会。東京からは遠いけど、子育てや一戸建ての家を持つファミリー層には、いい環境だ。 とくも ももも 大満足!!
まどかもどっさりとお買物ができたようだ。
“ママぁ、なぜかホカホカのあったかグッズを手に取ってしまうんだ。普段は自分のものなんか買わないのに。こんなモコモコのセーター 買っちゃったぁ。”
“それにしてもママんちって暑〜い。なんかTシャツ貸してぇ”
私のものはすべてSSサイズ。大きなお腹のまどかに入るのあるかナあ〜。レンタカーで1時間半。店舗視察から帰り着いたのは、夕方。私のリビングはサンルーム。暑〜いくらい。
42階 青山墓地前で、高いビルはおかげでここだけ・・・・。ワイドビューのお部屋には、宇宙からの素粒子がたくさん天の川のように降り注いでいるんだろうか?
心がホカホカと元気になってくる。さあ、2019年は10店舗が決まった。どこからオープンしていくか? そして絶対に休みはとれないだろうナあ。 がんばろうっと!!    12月29日