“社長、メガメガマガジンに今年の一言をお願いします!”
と、梨花先生から依頼がきて、すでに1月も終わる。このペースでいくと、原稿から校正、そして生徒の皆様には春になる。とすると、卒業される方にはいき渡らない・・・・・。または、教室で先生が配って下さらないと、うず高くしまわれて・・・・。 で、私は毎日ブログを書いてメガブルーバードのホームページにアップしている。が、それも読んで下さる方は少ない。私の生活のことと、新聞や本から学びをいれて、62才の経験を踏まえて書いている。東京の中心、赤坂にオフィスを構え、青山一丁目に住むと、けっこうそれなりの情報が入ってくる。
よろしければ、手に取って頂くとうれしいです!!

「日経ヴェリタス  けいざいを読み解〜く この一冊  増田咲紀
ウォーレン・パフェット氏、ジョージ・ソロス氏と並び「世界三大投資家」と称される著者ジム・ロジャース氏は日本びいきで知られるが、日本の将来には悲観的だ。入口が減り、借金が膨らみ、移民を受け入れない国が滅びていくのは歴史の必然だと語る。・・・・・・これまでも、リーマンショックやトランプ大統領当選などを予言してきた著者だが、金融危機については、“今後1,2年のうちに起こる” と語る。 
   お金の流れで読む 日本と世界の未来 世界的投資家は予見する 」 

らしい!?! で どうするか? そんなわけで私は今、おしんを一巻から毎日少しずつ見ている。今180話まですすんだ。坂田のお父さんお母さんもすでに亡くなり、二人目の男の子を産んだ。そこで、おしんが幼いころに丁稚奉公に出て育ててもらった酒屋の若旦那が、株に手を出し店が倒産の憂き目にあい、家族がバラバラになってしまうところまですすんだ。
ふいにおしんをみようと考えたのは、私を含め、最近の日本人が弱くなっている気がしたからだ。
今 行列ができているのは病院ぐらい。製薬会社の株は上がっているし・・・・。
人生何が起こるか未来はわからないから、せめて心と身体だけは鍛えて強くしっかりと大地に足をつけねば!! と考えた。
そのためには、生活をていねいに、手を抜かないことだ。
朝4時に起きて、しっかり朝食をとり、勉強をして、手作りの料理を一人分でも手間を惜しまず工夫して、掃除も・・・・・。
今年一年、土日も仕事、チラシ配り、足腰鍛えてばんばりまーす。
みなさんも私といっしょに、仕事、生活、学びを大切に こつこつと!!積み上げていきましょう。