新元号に関する記事ばかりがうんざりするほど、これでもかこれでもかと目白押し。何かスルーしたいことがあるのか?それともこのままゴールデンウィーク10連休に持っていってシャンシャンと時間を無駄にしたいのか?
その文字を見てすぐ私がイメージしたのは・・・・ 命令にしたがって和するという 民に対する戒めとしばりが これからもっと強化されるんだろう、と危惧を抱いた。
ロシアに入国した時、ギンギンと人の波が入管をめがけ殺到するなかに、次々とさっぴかれる人たちがいた。日本くらい おかみに逆らわない国は 世界中さがしても・・・・。が、それでもこれ以上、羊の群れたちの管理が強化されていく・・・・。
六本木ヒルズにキラキラと朝日が映る。
今日は朝一、帝国データバンクがMBBのことを調べにくる。今年に入って2件目。新しい取引や大きな商談がある時、うちの会社に調べが入る。
この帝国データバンクらしきものの存在を私が知ったのは、はるか昔、私が結婚する時だ。37年前。私は大学卒業の時、すでに結婚が決まり、相手方はどうもうちのことを調べに入るかも!? ヘエーそんなことまでしてえー。 それから37年経って、調べられて やばいアウトってほうがよかったのかも!? なんていじわるに考える。
ところで これまで新しいお取引、お付き合いがある時、しいばさんから必ず “社長しっかり調べた方がいいですよ!!” といつも忠告がはいるが、私は相手にこっそり内緒で調査するということは、一度もやったことがない。 しかもうちのことは、私のブログを見れば丸見えだ。裸族ファミリー末口ジャスミン。
いいのか悪いのか・・・・多分危険だろうね。みなさんには、お勧めしません。
きちんと相手を調べて、自分のことは秘密厳守で個人保護を行ってください。
それでも裸族ファミリーに興味があれば、その信念として、“リスクとリターンはつりあいます。リスクをとらなければリターンは与えられません。そして、失うものがあれば得るものがある。得るものがあれば失うものがある。だから、バランスがとれている。そして私は余計なことは考えずに、シンプルに生きたい!!
で、生身の身体をさらす武装のために会計とビジネスの本を2冊。これからいっしょに学んでいきましょう。

「儲かる会社の会計と経営がよくわかる本  税理士 村田栄樹著 p.72
大切なのはそれはどんなお金なのか
会計は何かを得れば何かを失う。何かを失えば何かを得る。という極々当たり前のことを左右に分けているだけ なのです。ここでは必ず2つの事象があるということをしっかりと押さえて下さい。つまりお金が増えた!だけでは喜んではいけないということなのです。大切なのは、それはどんなお金なのか?ということなのです。自分で稼いだものなのか、あるいは返さなくてはいけないものなのか、必ず2つの事象があることを意識しましょう。“その反対側には何がある?” このことを忘れないでくださいね。」

発表会打ち上げパーティのあと、バレエのレッスンでは、私とチャーリーのルンバの話でもちきりだった!!
(打ち上げ会場の六本木ケントスで私は踊ってしまったのだ!!) 
境先生からは、“華麗でした。(加齢じゃない)” のコメント。
チークタイムが流れ私がひとりでルンバを踊り出したら、うしろからチャーリーもやってきて、2人で即興ルンバ。例の私は足を上げチャーリーが持ち上げて、2〜3回転するルンバを踊った。他のお客様もみとれて、動画を撮っていたらしい。
“末口さん、絶対ユーチューブに流れてるわよ!!” まちこさんが言った。
ボーカルのマイクを持ったバンドの人も、“あー会場にダンサーたきて くるくる回ってまーす。”
“今年の発表会でも、あの踊りパドドゥで入れてもらおうよ!!” 阿部さんも。
チャーリーは、フラビオと違って、長身で胸の筋肉は固かった。今日は会計事務所の会合で、レッスンはお休み。チャーリーに会えないナあ。チャーリーに伝えてください。杉崎さんに頼んだ。
“あの夜から眠れない夜が続いています!!”
あーやっぱり、私のこと、きちんと調べた方がいいと思いまーす。