火曜日、ゴールデンウィークが明けて、みんなまた動きだす。
ヌーの大群が動きだす時、またその群れの中で、ゴチャゴチャが始まる。
“株はどう” 昨日久しぶりに証券会社の研究室に勤める彼女がバレエにやってきた。ゴルフ接待に海外へと飛び回っている才女。
“トランプ氏の中国関税の発言で下がってますネ”
“これからはビットコインですよ”
“だけどビットコインもいろいろあるでしょう。昨日の日経ヴェリタスに富裕層がダイヤモンドを買い出しているって載ってたけど”
“富裕層相手のビットコイン、安全で引き出せない長期投資ものを今つくってるんです”
あーまた、しかけられるなあっと思ったがレッスンが終わり、歩いて帰る彼女の後ろ姿を見た。うーん、けっこう劣化しているナあ。
第一線の金融業界で戦っていくって、並大抵のことじゃあないんだろうナあ。
私がダイヤモンドが欲しいって感じたのは、彼女、大粒のごっついダイヤのピアスをさりげなくしてたのを見た時。シンプルな形のダイヤで、片耳3カラット2粒。マニラのコンラッドに店をオープンした時、それと同じものを見つけた。〇〇〇百万円!!
欲しいナあ。よし、マニラの店が成功したらご褒美に!! それから2年。マニラに行くたびに、店をのぞくがまだ売れていない。そして私もまだ、マニラは成功していない。そして、大粒ダイヤを身につけている謎の女2人目。
私が虎ノ門ヒルズに住んでいた時出合ったさんばば(私を含めてハバーが3人住んでいた)。彼女は超お金持ちであることは、その会話からもれてくる。なんでそんなにお金があるのか? 土地はけっこう何ヘクタールという感じで、お抱え運転手に取り巻きの中にお世話係の執事らしき人もいる。そして最後に彼女に偶然会ったのが、麻布十番の更科そば。大粒、多分10カラット近いダイヤを指に、私を見つけて向こうから寄ってきた。“あらー 偶然。ところで私 ガンになっちゃったあ ” らしい。3+3=6 カラット、10カラット、ダイヤからはインカムゲインは生まれてこない。売ったり買ったりのキャピタルゲインだけ。ただ粒の大きさからする価値は金よりもすっごく大きい。しかも、女性は普段身につけられるから、指や耳を切り落とされない限り、一緒に持ち運べる。悪くないかも・・・・。いつかご褒美に私も!! がんばろうっと!!

「実物投資でリスク分散
8割が不動産検討、絵画や彫刻、宝石も。
1億円長者の間ではリスク分散として実物投資に関心を寄せる人も増えている。愛知県に住む専業主婦の億り人ようこりんさんは、3月に金融資産の1/3を現金化し、都内にセカンドハウスを購入した。6000万円で売りにでていたが、物件の値下がりを待って、5000万円で手に入れた。最近、億り人の間で新たに脚光を浴びているのが、ダイヤモンド投資だ。価格の透明性と安定性が高いとされ、株式など流動性の高い資産から乗り換える人も多い。横浜市に住むベンチャー企業経営者の中森啓之さん(仮名41)もその1人だ。1年ほど前からダイヤへの投資を始めた。“あと30年生きることを想定すると、時間が経っても価値が下がらないものに投資したい” 日本の成長力にはやや疑問を持っている。リスク分散先として、今後もアートを含む実物投資が広がりそうだ。」  日経ヴェリタス 2019.5.5 p3

ダンスコンペティションのチケットを、ふじこ先生にもらって足を運んだ。その帰り、ニューオータニホテルで例の宝石店に寄ってみた。私はここの宝石店のちょうちょ形リングにぞっこんほれこんだ時があった。10年以上前のことだ。その時もご褒美に買おう!!と決めて、その夢はまだかなっていない。けど、実は、ショウメでちょうちょはゲットした。今度はなんと5.8カラットのイエローダイヤ!!すっごーい。
“お客様だけに、2000万円を1000万円にいたします。しかも消費税も含んで!!” 
“ワァー すごい!! だって消費税だけでもすごいでしょう。”
“ハイ、8万円もおやすくなりますよ。” ・・・・・ 彼女は1000万円の消費税8%がまさか80万円とは気づかなかった。
“わかりました。もう一度はめてみていいですか?”
“もちろん、写メもお撮り下さい”
よし、また次の私のご褒美も決まった!! がんばろうっと!!