「希少オウム 記録的繁殖
NZ ひな70羽以上誕生  シドニー=共同
ニュージーランド自然保護省は、世界で唯一飛べないオウムとされ、絶滅の危機にひんしている“カカポ(フクロウオウム)”が記録的な繁殖期を迎えていると発表した。成鳥は147羽しか確認されておらず、個体数の増加に期待がかかっている。先住民マオリの言葉で、“夜のオウム”を意味するカカポは夜行性。最も重いオウムとされ、オスの体重は4キロに達する。
ニュージーランドで一般的な鳥だったが、19世紀以降欧州からの入植者が持ちこんだ外来動物による捕食などの影響で1990年代までに激減。政府が天敵のいない離島に移すなどして繁殖計画に乗り出した。餌とするリムの木の実は、カカポの健康や生殖力に影響を与えるスーパーフード。今年は豊作で、2016年を大きく上回る60羽が成鳥に達すると見込まれている。」
IMG_2897











世界で唯一飛べないオウム、カカポ。しかも4圈⊇鼎ぁ! ハチも、お腹がでぶっているから重い。指に乗せるとずしっとくる。けど赤ちゃんの時は、食べ物にすっごく心配した。ハチのスーパーフードは花粉。でも花粉はない。だから代替のもので、お世話係の店長さんに相談し、選んでもらった特別な粉を練り状にして、何とか食べさせていた。キッチン用の計量器にハチをのせて、体重が増えたかどうかいつも心配した。成鳥になったハチの好きなものは、フルーツ。プチトマト、ストロベリー、ベリー、グレープ・・・と、ベリーはかかせない。
それにアップルジュースと、ご褒美にカステラ。
太っちょのハチは飛べるけど・・・・、無理して飛ばない。
ろくも、鳥タイムの時は、ゲイジから出ても、床でスポンジグリーンと遊んでいる。
オウムが大好きだ。私は子供の時から、鳥に囲まれて育ったから、鳥が大好き。でもよく考えたら、猫以外はけっこういろんな生きものを飼っていたナあ。
私にとってオウムにインコたちは、ある種のセラピー。
平和、優しい心、カワイイー、ずーっと一緒にいたい、癒される・・・・。とにかく、一人の生活と、戦いのビジネスの世界での心をお洗濯して、お布団をお日様に当てるみたいなセラピーだ。
よかった。いつも一緒で、ろくハチ大好きだよお。

※追伸 買い出しのスーパーで沖縄フェアー
 バーバは、カップラーメン沖縄そうきそばゲット。
 高野家はスパム。
 で、スパムおにぎり。
_20190515_164357




モリモリ沖縄スーパーフードだ!!
DSC_0591















DSC_0590















DSC_0588