いくらでも眠れるんだなあ。
扁桃腺が腫れて、熱っぽい。早めに7時、まだ明るいうちからベッドに入る。夜中に起きて寝付かれなくなってしまうかも、と思いきや、グーっと いっちゃった。
水分を多めにとっているので、トイレには二度起きた。
月曜日、7月が始まった。体力の消耗はひかえて、夜のバレエレッスンは休もう。必ず今日一日で身体の回復をさせて、7月をおくれないようにしないと!!

「人間は4つの基本要素からできている。
心 Mind
肉体  Body
感情  Emotions
精神  Spirit
※現代の教育制度は、従業員になるための、心と身体、感情と精神を学生にプログラミングするようにつくられている。
eクワドラント(エンプロイー、従業員、会社員)の住人は、言語こそ違っても世界中どこでも同じことを言う。
安定した仕事につきた。安定した給与をもらい、福利厚生もよく、休暇もとれる仕事をもちたい。
それはつまり、兵士や従業員といった、命令に従うように訓練され言われたことを実行する人間を作るために考案された教育制度だ。そして我々の教育制度が、恐怖心を利用している点だ。人々は自分で考えることができない。ミスを犯したり、失敗したり、バカにされたりすることばかり・・・・心配している。貯金をし、家を買い、借金を返済し、株式市場に長期投資したものが、現在苦境に陥っている。 金持ち父さん貧乏父さん 」

熱の中でみた夢は不思議だった。
私は産婦人科で働いていて、ベッドに女の人がズラーっと並んでいる。そこに、また工場のように白いガウンを着た男が各ベッドにはりつく。そして、試験管のようなものからスポイトで、女の人一人一人に命の種を移植する夢だった。今、赤ちゃんは、こうやってつくるのかあと、妙に納得して、ハッと起きた。トイレに行くために私は電気をつけた。引っ越したお友達は高層マンションでは気圧やら何やらで、子供達に影響があると・・・!!
エレベーターも一気に42Fに上がることも、私はもう慣れっこになってきたが・・・・。それは多分ルンバでフレビオがグルグル回ることで、私の三半規管は強くなったかな・・・・。
バーバですら、環境変化には馴染んでいっている。
ところで、DVDシリーズは、マイナスからゼロに移った。
どちらもお金にまつわるストーリーだ。
ゼロで、会長が言いう言葉があった。
強いものが生き残るのではなく、環境の変化に適応したものが生き残るのだ。まあ、ここまではトヨタの社長も言っている。そしてその続きが、ゼロにはある。
それに加えて、人類は弱かった。弱いがゆえに、想像力を働かせて、生き残ったのだ。弱さも武器の一つだ。
らしい。
久しぶりにかかった扁桃腺の熱の中で、いろんなことを考えた。