用心のため、月曜日夜のバレエはお休みした。
微熱はおさまったが、喉鼻に炎症がある。4時に起きるのが辛い。ベッドの中になまりのように沈んでいたい。
で、30分ぐずぐずして、起き上がった。丹念に喉鼻を洗って、水シャワーからお湯まで!! 食欲はとりあえずOK!!おいしいコーヒーもいける。

「歯科助手として働きながらお笑いを勉強するために渋谷の養成所に通う。渋谷は109やらPARCOやら買い物のメッカ。その中でもいつもいくのが東急百貨店。なぜ駆け出しのお笑い芸人が、金持ちマダムが行く高級デパートへ!? 屋上の遊園地で自主稽古をするためでした。
IMG_2960






ベンチに座り乗り物に乗る子供たちの笑顔を見ながら、私も人を笑顔にしたい!!と思い、ぶつぶつと念仏のようにネタを練習したものです。
コンビであれば、あーネタの練習かあと。だけど私はピン芸人という一人でやるスタイル。大きい声で独り言を言っている危険人物!? 親御さんは子供を連れて帰ってしまう。東急東横店の屋上遊園地は、東館の閉館とともになくなってしまった。ここ最近では屋上遊園地はどんどんつぶれていっている。それは年々子供がよりつかなくなっていったからだそうだ。今考えると、東急の屋上に子供が来なくなっていった原因は、私だったのかもしれません。 お笑い芸人 鳥居みゆき 私の東京物語」

東急東横屋上の遊園地は、私も大好きな場所だった。そこは時が止まっていた。渋谷の中でまるで異空間のパワースポット。神社もあり、そう、お世話係のペットショップがあった!! 白い大きなオウムに、大きなカゴに珍しい鳥がズラリと並んでいて、生まれたての雛たちが餌をもらいたくって、ピイピイと鳴いている。都会のオアシスだった。
そうして、昔々、今はもうない、ことぶきや。まどかが3才くらいのころ、ペガサスのメリーゴーランドに、仕事が終わって毎日二人でかけつけた。お夕飯の買い物の、わずかな時間。親子は屋上遊園地で、おしゃべりをして、楽しむ。
そのまどかも今は、3匹のグレムリンのママに。
そして私もバーバに!!
でも、もっともっとむかし、私がまどかと同じ3才、やっぱりメリーゴーランドのペガサスにまたがって、じいちゃんと大丸の屋上に!! 
あー めぐるめぐる 時代は めぐる
時をまわる回転木馬。 しあわせの記憶は、渋谷東急屋上遊園地の夕暮れに吹く風。