「プエルトリコの冷血
カリブ海に浮かぶプエルトリコは、米国の自治領ながら、ラテン世界に覇を唱えたスペイン文化が色濃く残る。首都サンファンは豪華客船が寄港する観光地だ。1972年に日本赤軍が起こしたテルアビブ空港乱射事件では聖地巡礼に訪れたプエルトリコ人17人が犠牲になった。そんなプエルトリコを大型ハリケーン“マリア”が直撃したのは2年前。壊滅的な被害を受け、自治政府による人口350万人のうち3000人近くが命を落とした。復興途上にあるのだが、米議会では共和・民主両党による戦争にもみくちゃにされ、復興予算審議が難航している。これにかみついたのがトランプ大統領。プエルトリコには他の被災地よりもはるかに多い10兆100億円の復興費を支出済みだ。として、“プエルトリコはとてもハッピーのはずだ” とツィーターに書き込んだ。ところが、複数のメディアによれば、実際に支出されたのは、1兆円という。トランプ氏は死者数についても “3000人も死んでいない” とツィートし、地元の怒りを買ったこともある。フェイク(偽り)をまき散らす性癖は相変わらずだ。プエルトリコ市民は大統領選の投票権がない。再選を最大目標とするトランプ氏のプレルトリコへの冷血ぶりは、これが理由ではないかと勘繰りたくなる。 青木 睦  (論説室から) 」

新聞の切り抜き、ドサッとした束から一枚選んで書き写した。
気になるニュースをため込んで、ブログにのせる。
ミクロで目先のことばかり追いかけている毎日。その視線を世界に移し、マクロから見る。
そう言えば、ここ何カ月か、目の体操を習慣にした。
朝起きてコーヒーのお湯が沸くラテン1曲の中で、窓際に立ち、目の玉を縦横斜めと動かし、最後に遠くのレインボーブリッジから 目の前、空高い雲から 目の前と、固まった目の筋肉を動かす。
おかげで視力が少しよくなった気がする。この新聞の字を書き写す時、眼鏡がいらなくなった。
フラビオと、チャチャチャの時にニューヨークの前に目線をピッと合わせる動体視力もついてきた。
いいぞお!!
それに、とくもバレエの練習、発表会に向けて力が入ってきた。 いいぞお!!
IMG_1985IMG_1986











ひとつひとつ やり遂げていこう。
しかも、家に帰り着いた夜、
2019070915510000




何とスイレンがつぼみに!!
そして朝また開いた!!
2019071006050000















生きている!! 
どんなことがあっても、生きていることが すばらしい。