“美味しいコーヒーを作るには、完熟実だけを摘むことが大切”と山岸氏自らが、完熟実の手摘みに力を込める。その中でも特に粒の大きなものだけを選別しました。やわらかな酸味とクリーンカップが特徴です。 ハワイコナ 山岸農園スクリーンサイズ18/19
朝の大切な時間にかかせないコーヒー。いろいろな豆をためして、自分の好きなテイストにたどりついている。これはおいしい。優しい味だ。香りはゲシャゲイシャが好きだけど、テイストとまろやかさはこちらがいい。
朝はコーヒーを楽しむ。
そして夜は日本酒だ。300㎖の小瓶のみきりサイズを、食事をしながらがちょうどいい!!

「一人飲み 稲垣えみ子
読者の方から、一体いつになったら一人飲みを開始するのか? というスルドイご指摘を頂いた。なぜ一人飲みができないのか、問題は単に私がいくじなしであるというような問題ではないということを理解していただきたいのである。一人飲みとは、ただ一人丸腰で世界に乗り込んでいくことだと書いた。どこの誰ともわからぬ通りすがりとして、同じくどこの誰ともわからぬ酔っ払いの中に飛び込んでいくとは、そういうことである。で、それができないってことは、つまりは、“自立できていない”ってことなんじゃないだろうか。そう気づいた私は衝撃を受けた。だって半世紀も生きてきたんだよ。当然立派に自立したんじゃなかったのか。実際、社会に出て独立ちし、頑張って金を稼ぎ、経験もつんだ。大人の余裕である。一人になった途端どこへも行けやしねえ。一体いつの間にこんなことになったのか。がきの頃はそんなことはなかった。一人、丸腰で砂場へ乗り込んでいくことを恐れなどしなかった。先客がいても怯むことなく共にドロンコになり遊んでいた。それが今やこの体たらく。自立どころか退化しているのではないか! で、そこの笑って読んでいるあなた、人ごとじゃないですよ。会社を辞めた途端、どう生きていけばいいのかわからなくなるサラリーマンは 今は山ほどいる。それって結局、肩書やらお金やらを失って一人になった途端、どう世の中に居場所をつくればいいのかわからないから、途方に暮れちゃうわけでしょう。一人飲みができず逡巡してる私とほぼ同じではないか。 どこにも行けやしねえ  いながき・えみこ 」

私は一人飲みが好きだ。できればカウンターで一人が、気兼ねない。テーブル席だと、一人占めになっちゃうから、店の人に悪い気がするし、一人飲みのおもしろさは、隣の席に座るカップルの会話などを盗み聞きして分析したり、ズカズカとオヤジが顔馴染みで入ってきて、板さんにまずいもの!!なんて上得意ぶってるのも、心でクスクスと笑ったり・・・・。でも、最近は自分の好み通りにいかないから、自宅での一人飲みが一番。今日一日あったことを振り返ったり、DVDをつけて学びの時間にしたり、一日のしめの宴だ。
さあ今日は最終ビデオ撮り。パパママコース、プレスクール、エレメンタリー。
リハでは、スカーフを使ったパパママのセンターレッスンをみせてもらった。すっごくいい!! 音楽のセレクト、ダンスの動き、“ワァー私もやってみたーい” と心がワクワクして動き出した。
もしかしたら、一人飲み=自立 というより、心の鎧をはずして、心が振動する方向にすすめば、自然とうまくやれるのかな。

とくは夏かぜ 一人寝
20190828_091759_816











だからももは一人食べ
DSC_2508















サクラは一人が大好き
DSC_2507