整骨士の先生が私の腰のことを心配してプレゼントをくれた。なんでしょう? 今それを使いながらブログタイム。おかげで手と足がそれに頭が同時に動いている。なんでしょう?
机の下におかれたプレゼント。それは自転車のペダル!! 足でペダルを踏みながら、机に座る。ずーっと長い間椅子に座り続けるのは、よくないらしい。私は朝4時起きで、出社前の3〜4時間は物書きやら本を読んだりと、座り続けている。
“その時に使ってください!!心臓や肺、筋肉にすっごくいいですよ”
私は腰が最近ぎっくり腰気味で固まりやすくなっている。それに太ももはダンサーの命。同時にこの3〜4時間鍛えられるからいい。よしやってみよう。

「あきらめの夏 作家 幸田真音
夏の終わりは、なんだか哀しい。昼間はまだあんなに暑かったのに、陽が落ちると我が家の小さな庭でも気の早い虫たちが鳴きだして、もう夏はいってしまうよと、教えてくれる。今年の夏もずっと物書きに専念する日々だった。暑い暑いと文句を言いながら、分厚い資料を読み込んだり、締め切りに追われた原稿を書いているうちに、気がついたらもう8月が終わろうとしている。思えば去年の今ごろ、兄はまだ元気だった。私は仕事で参加できなかったのだが、親戚一族が揃ってキャンプしたり、バーベキューを楽しんでいたという。だが、病名は原発不明癌。見つかった時はすでにリンパに転移し、進行していて、どんなに精密検査を繰り返しても、どこから転移したのか原発巣が、どうしても見つからないという特異な癌だった。一年半の壮絶な闘病生活を経た昨年末家族に見守られながら静かに旅立っていった。 “お盆は、地獄の釜もお休みなのよ。なのにあなたはいつも仕事、仕事って・・・・。” 夏休みもままならず、なかなか帰省できない私をそう言って叱った母も、二年前父のあとを追うように逝ってしまった。でも、仕事があるからこそ、乗り越えられることもある。9月はもう秋。食欲の秋のほうが、私に似合っているはずだから。」

2週間前にくつばこにあったシンデレラの靴。そしてそれをはく女。フラビオの新しい生徒として入会した!!
やったあ!!フラビオ。楽しそうにジルバを教えている。次のレッスンは私の番だ。今週土曜日、チャチャチャを、かのデビ夫人ご用達のダンススクールのパーティで披露する。これで少し距離をおいてレッスンができる。
“末口さん、顔にティッシュがついてます”
汗がしたたり落ちて、ティッシュでふいていた。ティッシュをとるために、鏡に映った私の顔。しわしわで恐ーい。地獄の釜のふたからゼニーバがでてきたみたい。
なりふり構わず練習にはげむと、ヤバイ。少し疑似恋愛、フェイクでも、心を柔軟にペダルを踏もうっと!!

とくもも、夏は休みなし、ビデオ撮影
_20190829_192752












マニュアル作りに参加
DSC_2533















ももも、グレースママも
DSC_2511















DSC_2512















※というわけで、遅い盆休み9月2日3日4日は、じいちゃんの25回忌とふみおおじさんの23回忌。
お墓をいっこ姉ちゃんがきれいにしてくれたのをお参りに、長崎へ飛びまーす。
で、次のブログアップは、木曜日です。 See you next week.