えー!? 東京のど真ん中。
首相官邸左横。右横には赤坂、紀尾井の軍艦ビルの箱庭。
まんじゅしゃげ!! みんな素通りしていく中、あまりにも美しいヒガンバナ。しかも中でもめずらしいクリーム色のヒガンバナだ。私は咲いているよと、奇跡の輝きをしっかりと感じる。
2019092408480000




2019092408470000















そして・・・・、久しぶりにのぞいた郵便受けに千佳さんからお手紙とコーヒー豆が。今日はまずレッドパカマラ種。
ニカラゲア、エスペランガ農園レッドパカマラをいただく。
大粒の美しい豆、香りは優しい。煎り具合も私の好み。うわー、芳醇で酸味がきいて、さっぱりの癒しのコーヒーだ。 いいぞお。
祖父越本兼助 50回忌
伯父越本文雄 50回忌
叔母神野末子 25回忌
も、つつがなく終わり、それに、郁子姉ちゃんもお墓をきれいにしてくれて、ご先祖様も喜んで下さっているだろう。いつも私達のことを見守ってくれている。さっそく、エスペランザ農園レッド、バカマラを、まんまんちゃんにあげる。
親戚や従妹が集まって、ご先祖様に一緒に手を合わせほほ笑んで参れる環境が、私も祖父、伯父、伯母の年齢となり、うれしく感じる。岩永家の千佳さんが越本の墓守をしてくれて、みんなに声かけをし、法要の時を与えてくれる。本当に有難い。
“私は今後も生きている間は、越本家の墓守りはさせて頂きますが、法要は今回で終わりました。
私は9月5日から、最近まで気管支炎で咳込み、身体が動けずに養生していました。年をとったなあと思います。静枝さんのように日々身体を動かすことの大切さを実感しました。
静枝さんのブログを拝見して、またパワーを頂こうと思っています。
気持ちだけ、コーヒーがお好きなので、御礼に店主のお薦めのコーヒー豆を同封しております。一つずつ豆の袋にメッセージが書いてありますが、一つの文章になります。・・・・・・”
おいしいコーヒーをいただきながら、白い髪の文雄おいちゃんをふっと思いだした。そういえば、とおる兄ちゃんも文雄おいちゃんのように銀色のフサフサの髪になっていた。私も自分ではバリバリと動いているけど、年はもう追いついてきている。でも人生今は100年時代。
ねえ千佳さん、なぞが二つ。一つはコーヒー豆のメッセージが一つの文章になるって!?どういうなぞかけかなあ? 頭をひねっています。
それに、二つ目の疑問は、法要って 50回忌が最後!?
もしか80回忌ってなかったかしら・・・・・。でも、これから30年後だから・・・・、厳しいかなあ。それでもギリいけるかも。だって人生は100年。
とにかく、私は、仕事バリバリがんばって、またみんなで海外旅行行けるように、仕事しまーす。
人生100年を生きるためには、目標と夢を持って、老体にムチを打ち続けるしかない。
そして、それを支えてくれるのは、ご先祖様。
千佳さん、ありがとう。