今日は全体会議。全国から講師、メディアが一同に集まる。青山学院大学アイビーホール!!
会議と言っても、ほとんどはパーティパーティ。
ふだんはみんなそれぞれの学校で、しかも自分の担当と曜日と時間以外は知らないことが多い。
そうすると、狭い世界になってしまう。他の学校のことや先生の考え方、あと会社の方向性なども含めて新しい空気を吸ってもらう。そしてパッと視界が広がって、また子供のために頑張ってもらおう!! という目的だ。
私のスピーチ は、“脱皮”
アンディ・ウォーホルの 「ヘビのおはなし」
絵本からまずは紐解く。
“僕はヘビだ。
ヘビのようにするすると這いまわり
見た目もヘビそのもの
でも、ぼくの魂は創造性にあふれている。
ぼくは画家であり、また役者でもある。
上流社会に仲間入りしたい
ぼくはそう願った。
そこで自分を変えることにした。
からだに色をつけたんだ。
たくさんの色を!
はなばなしいスタートとして
はじめて舞台にたったとき
ぼくはクレオパトラにかみつく毒蛇だった。
それは紀元前34年のこと。
つい最近は、
おしゃれな女の人たちに追いかけまわされた。
ほんとうにひっぱりだこだったんだ。
シックな装いに欠かせなかったからね。
ベルトになったぼくは、
ウエストをぎゅっと絞りあげて
3センチは細くすることができた。
このおかげで
ものすごい人気をかちえた。
ぼくはジャクリーン・ケネディのブーツになった。
ハッピー・ロックフェラーの鞄になった
ポポ・ロックフェラーの帽子になった
彼女も大富豪ロックフェラー一族の一人だよ。
リズ・テイラーの手首に巻きついてブレスレットになった
ココ・シャネルのシャツにも
なんとグレース王妃の特注の枕にもなった
・・・・・・・・
ぼくは春の色をまとうことができた。
そして秋の色も、わが友エディット・ピアフのごとく
・・・・・・
こうして ぼくは名声を勝ちえたのさ”

と絵本を読んで、最後に私は紫のワンピースをガバっと脱いで、幸せのダンスダンスダンスのレオタード姿になる。そこで柿園さんが、“社長何が言いたいんですか?” と聞く。
“脱皮”
“ヘビは古い皮をぬぎ 新しい自分になることで、成長して生きていける!! 脱皮しないヘビは死んでしまう。”
“脱皮しよう” と言って、くるくるピルエットでまわりながら、ステージそでに入る。
というスピーチを考えている。
今回の会議では、まず
/靴靴す峙粗睛董▲丱ぅ螢鵐ル保育士の説明を社団法人の理事長梶原氏が説明してくれる。
◆奮堯ITブレードと組んで、生徒管理システムが新しく稼働しだす。
2餬廛侫.ぅ淵鵐拘愀犬眩瓦新しい会計事務所になり、6つの会社6本の川の流れが整理されすっきりして淀みなく流れるようになってくる。
た靴靴バレエスクールを入れたMBBスタジオが25店舗に増える。
など、たくさんのイノベーションを起こす。
さて、どう動いていくだろうか。そろそろ夜が明けてくる。
これらの種は冬を越し、春までに、そして夏には、そして次の秋までに、その芽が息吹き、花が咲き、果実が実ってくるだろう。