“ えー バーバひとりで行ったの ”
夕食の時、とくにバレたあ。
橋本アリオ店の前に
2019112415160000




大きなロボットがイベントにやってきている。
2019112412170001















とくと行った時は、バーバはケイタイを忘れていた。だから今日は写メをとって、とくに見せた。
今日、日曜日。とくをロボットクリエイトコースに連れて行って、それからバーバは一人でアリオ橋本店のリニューアルオープニングキャンペーンへ出かけた。今日は孫より、仕事、仕事!! たくさんのお客様が次から次へとレッスンルームをのぞいて体験。メディアの福島さんは食事もとれないほどだ。
しあわせのダンスダンスダンスに、メガブルーバード英会話スクール好調!!

「日経ヴェリタス 2019.11.24 Review & Preview
1992億円 
スルガ銀行がシェアハウス融資問題の解決へ舵を切る。不正な融資で過大な借り入れをした所有者に対し、物件を手放せば返済を免除することで調整する。実現すれば不正融資問題に一定の区切りがつく。同銀行の9月末時点のシェアハウス融資残高は1992億円。2019年3月期に多額の貸倒引当金を計上しており、追加の財務負担は避けられる見込み。
教科書通りでない日本の高齢化
1990年に出版されたビル・エモット氏の著書 “日本はまた沈む” は、日本の没落を予言した名著であった。日本は高齢化によって貯蓄率が低下し、経常収支が赤字化するとの筋書きが没落の根拠であった。エモット氏の予言通り、日本はバブル経済の崩壊を転機として “没落” した。しかし予言と異なる点もある。日本の経済収支は依然として黒字を保っていることである。確かに、家計の貯蓄率は低下したが、企業の貯蓄率が上昇したことで日本全体の貯蓄率は上昇した。彼にとっては、まったく予想外だったそうだ。・・・・・。長寿命化が進む中で、“長生きリスク” を警戒し、必要以上に貯蓄が続けられている面もあるだろう。高齢者の貯蓄拡大、とりわけ認知症高齢者への集中による資金の固定化は変化が望まれる。お金はため込んでいるだけでは成長に向かわず、世の中で動いてこそ生かすことができる。
0拌悄γ惨・・・・・東京市場に復権の日は、
東京市場での取引額は6%減った。世界全体に占めるシェアは、英国、米国、シンガポール、香港に次ぐ5位。2010年に世界3位だったので、アジアの中でも地位低下は明らかだ。円そのものから離れる動きもあるよ。主な通貨でシェアを落としたのは円だけだ。みずほ銀行の唐鎌大輔氏は、“円の地位は間違いなく落ちている。英語が使えず三連休も多い東京市場はただでさえ不利。このままでは近い将来スイスにも抜かれてしまう。” と話していた。
な埆幻綉
米国経済は、“失速速度” に近づいている。失速速度とは航空業界の用語で、飛行し続けられる最低速度を指します。経済に置き換えれば、かろうじて景気拡大を維持できる成長率と言えるでしょう。製造業の落ち込みなどで、米国の成長率は1%台まで減速しています。この状況を “米経済は消費者というエンジン一つで飛んでいる” 航空業界には “魔の11分” という言葉もあります。航空事故の多くが離陸後の3分、着陸後の8分に集中しているからです。片翼飛行の米景気拡大が “魔の11年目” にならないか、注意が必要です。 デスク 伊藤学 」

とくが、ロボットクリエイトコースで、何やら作っている間、バーバは日経ヴェリタスを読んで気になるところにラインを引いて、マクロ経済のマーケティングをする。年末近くになり、けっこう厳しい記事が続く。ブラックフライデーで渋谷のスクランブルは、人、人、人。
日曜日のしめは、みんなで渋谷集合。
とく、もも、さくら、ママ&カーは、池袋サンシャイン、青山から、スクランブルを目指す。ヒロは品川シーサイドから、そしてバーバはアリオ橋本から。渋谷の穴場は、スクランブルから1分の西武。こんなにいい場所にあるのに、6Fの子供コーナーは、店員以外だあれもいない。グレムリンが走り回ってもまずOK。(やっちゃあいけないけど・・・・) そして、一ヵ所外国人が行列をしているのが緑寿司だけ。
ここは避けて、いつものあそこにしよう。