私は飽きっぽい性格。子供の頃から、真新しいことに次々と手を出し、やりっぱなしの人。それがいつの頃からか、けっこう続けてきているなあ。続いているなあ。
仕事は25歳で英語スクールを始めて、37年の歳月が流れた。バレエも17年。そしてその関係をめぐる人達も長いお付き合いがある。
あーそう言えば、お酒、これもいつからかすでに忘れたが、かかさず晩酌をしている。
日本酒が定番だ。八海山大瓶を買ってしまうと、飲み過ぎてしまうので、小瓶を一本。ちょうどよいころ合いで、いい。お腹がいっぱいになるので、しあわせに一日が終わる。
朝は4時にベッドの中で身体をひねる体操に、顔のマッサージで目覚める。シャワーを浴びて、ろくハチも起こして、リビングへゲイジと一緒に移動する。おいしいコーヒーを淹れて朝食を作る。金ちゃん銀ちゃんに餌をやって、ろくハチも一緒に桃カステラを!! 後片付けをして、私はブログタイム。ハチは二度寝タイム。ろくは一人遊びタイム。

「昨今、何事も失敗したくないと考える人が多いそうだ。まあ、世の中余裕がないですからネ。失敗してエヘヘと笑う時間も手間も無駄に思えるのであろうか。効率ってやつである。しかも、ネットのおかげで失敗を避けるための情報が誰でも簡単に手に入れられる。なので外食をするときも、まずはネットの口コミで情報収集が当たり前になっている。だがね、店は選べても自分は選べない。どんな店に行こうが、自分の態度次第で、その店は天国にも地獄にもなるのである。つまりね、失敗したくなければ、失敗しなきゃならんのだ。何しろ敵は外ではなく自分の中にいる・・・・・。失敗とは宝である。人様に尊重してもらうためには、尊重に値する大人物でなければならない。私はそう思い込んでいた。故に自分を大きく見せようとしたのである。だって会社で尊敬されようと思えば、できる社員でなければならない。なんの疑いもなくそう信じていたのである。  敵は自分の中に 稲垣えみ子  」

“末口、運動量100% !!  オッケー、オッケー”
フレビオがサンバの基礎ステップをほめてくれた。二人が飛行機のように、翼を広げて右へ左へ回転しながら進んでいく。一回目私はフラビオをおいて、いつものごとくリーダーシップをとり、先にぐんぐん進んだ。“ちょっと待って、僕をおいてかないで!!”
“この肩と肩を手で感じてリズムをとる。”
“オッケー”
で、サンバも楽しいなあ。
とくは、ピアノのレッスン新曲視唱のようなことが始まった。まずは、先生が音をピアノで出してそれを当てる。まだまだ、ドレミファソラシドも4歳の始めたてのとくには理解でいていないらしいから、音を言ってごらんと言っても・・・・・!?
“間違えてもいいからどの音が言ってみて”
“僕、間違えたくないんだ”
“間違えることから学んでいくんだよ。完璧をはじめから目指さないで”
“でも、間違えなくないんだ”
と、とくはかたくなに。
“でもモモちゃんは間違えだらけだよ”
とくは、レゴを作る時、始めに1個でも間違えると、後々大きくひびいてくることを、学んでしまった。
これって!?!?!?
そう言えば、バーバは、常に間違いだらけで、続けていくうちに、たまにコロリと赤い当たり玉が偶然に出てくるって感じ。
そうか。とく、間違いなしはリスクフリーだから、動かない、ためさない、チャレンジなし、ということは リターンゼロ!!
やっぱり正解は間違いに比例してくるよ。
失敗、間違いは宝だ。

最近の公園は寒すぎて、オンリー3。
それでも公園大好き。
DSC_4468















DSCPDC_0000_BURST20191127155722191















DSC_4469















おいしいもので元気元気元気!!
DSC_4506




DSC_4501