マイバスケットで、ゴボウ、こんにゃく、里芋、タケノコ、あげ、ねぎ、きのこ、ジャガイモ、トマト、豚肉・・・・。 と、かごの中に入れていく。
なぜか急に豚汁が飲みたくなった。それにカレー。よし!!
こんにゃくもごぼうも、あく抜きはせずに、皮を包丁でこそぎ、ざくざく切って、次々と鍋に材料を入れていく。あとは出汁と味噌でぐつぐつやるだけ。
深谷ネギを刻んで汁にのせる。一口飲めばホーっと、息がつく。正月は生活が乱れる。お酒もつい飲みすぎる。学び、仕事、ダンス、生活と、トントントンと刻んでいく日常の一日が、私には合っている。そして、グレムリンたちも、楽しいばっかりが度を越して、自己主張のかたまりの火の玉だ。熱い熱い。火傷しそうに周りの大人はなる。ハアーフー!!
バレリーナたちのことをみて、私は金魚鉢から出られなくって可哀そうだなあ、と思っていた。もしプロのバレリーナの道を選んだら、一生踊り続けなければならない。そうなると、お稽古は一日も休めない・・・・、そんな不自由な暮らし、私は絶対にできない!! と考えていた。だけど人はもしかしたら、何かに縛られて、生きていくことが、誰にも必要なのかも!!
さして私はビジネスの中で、社長として生きていく道を選んだ。そんな私は眠っていても仕事の夢を見る。
それを周りは、“ワァータイヘンネ”と言うかもしれない。けど、本人はそれが一番幸せで落ち着く。
2020年新しい年がやってきてくれて、うれしい。
だって、“来年はあれをします、これもしよう”とみんなに話すと、“社長来年のことを言うと鬼が笑うよ”なんて言われそうで、口をつぐんでいた。
だけど今年のことだから、5月までに25店舗のバレエスクールをつくります。3月までに5つのフランチャイズができます。6月にはマニラに飛んでプレビルドを賃貸物件にそにはキエフ視察、そしてスーパープレゼンテーション。そしてそして・・・・・と次々にやることがとどめなく出てくる。 
あーいい年の幕開け。 あけましておめでとうございます。

学び FAKE  ロバート・キヨサキ
「“きれいな水では魚は釣れない” p.167
ビジネスや投資の世界では、水の中での物の見え方を透明性という言葉で表現する。お金の世界では、透明性はとてつもなく重要な言葉だ。ファイナンシャル・リテラシーの目的は、心の力を高め、目には見えないものを言葉によってみることだ。ファイナンシャル教育の目的は、濁った水の中で物事を見通す能力、つまり透明性を高めることだ。 」