“私はシャンパンで心を浄化するの!!”
“え、シャンパンで!!ですか”
“そうよ” グラスに沸くシャンパンの金色の泡、どんな時にも一口いただくと、私の身体からシャンパンの泡とともに不純物がシュワーと消え去っていく。
“で、今日はイタリアからですので、シャンパンじゃなくって、スパークリングワインをお持ちしました。”
“え、イタリアにはシャンパンはないの”
“シャンパンはフランスのシャンパーニュ地方だけのものです。それ以外は全てスパークリングワインです。”
と、その後次々とプレゼントが届いた。
そうだ、今日は私の誕生日だった!!
そろそろ運転免許更新が近づいている、行かなきゃと思ってたけど、自分のバースディだった。
ところで私いくつだっけ!?!?

「三菱アセットブレインズによると、日経平均株価や米S&P500種株価指数に連動するインデックス投信は29%増の50兆9500億円だった。日本の夫婦世帯は老後2000万円が余計に必要だとする昨年の報告書を知って、貯金が十分にないことへの懸念が広がり、多くの人が投資を始めた。インデックス投信のポートフォリオは過去5年で3倍以上に増えた。日銀がETFを約24兆円購入したことを除いても、この期間に70%増えたことになる。

Nikkei Asian Review
Index funds overtake active funds for first time in Japan
Quick Lesson
靴下から転じたsocksの慣用句
"socked away" は to put away money as savings ro investment (貯蓄や投資のためにお金を蓄える)という意味のイディオムsock away の過去形です。このsock は動詞ですが名詞の場合は複数形のsocksくつしたのことです。一説によると、sock away は the practice of concealing savings in the toe of a sock. ソックスのつま先にへそくりを隠しておいた習慣から、“お金をため込む” を示すようになったそうです。また pull one's socks up は、すり落ちる靴下を引っ張り上げて気をひきしめるという感じで、to make an effect to improve one's behaviour or one's work.  行動や仕事を改善させるために努力することを示します。  編集委員 木村恭子  」

お金がある人、そしてお金を持っているところはすぐマイナス金利に動いた。
株の中でも一番安全かなあとお思われるインデックスへ、しかもお金をジャンジャン印刷している日銀までもが・・・・。
外国では、くつしたの親指に隠したへそくり。日本はタンスの着物の隙間、そして漬物樽の石の下に!!
“末口さま、ガラディナーいかがしましょう”
“今回はアジア全土、中国、香港、台湾、カザフスタン からお客様がお見えになります。”
“え、カザフスタンって、お金持ちいるの?”
“そして、これが地中海サンゴです ”  オレンジ色の優しい赤。
“サンゴは1舒蕕弔里2000年かかると言われております。”
ガラディナー 女性ならロングドレス、男はブラックタイ、あー私も行きたいナあ!!!
そう言えば、私は、日本のバブルをうまくすり抜けた。
あの時、海辺のリゾートマンションに手を出さずに、東京で独立した。
そして、また、震災、リーマンショックも何とか生きのびた。
sock away へそくることはなく、散財の女王だ。
ガンガンジャンジャン、私は常に私のビジネスに種を蒔き続けた。
もちろん、ペーパーアセットに手を出したこともある。結論!!株は長期で持つものではない、短期でその流動性を使い勝負をしていくものだ。なのに、真逆の道をヌーの群れは動いている。ということは そろそろかなあ・・・・。
こんな時こそ、pull one's socks up
ずり落ちるくつしたを引っ張り上げよう。
それに、sock away. へそくりは、in the toe of a sock.  だから、つま先に隠せる投資って・・・・!?!?
もちろん、〇〇ですよね。
“あー、ガラディナーに へそくりさがしに行きたいけど・・・・ 先立つものが今はねえ!?!?

だから 一人カジュアルバースディディナー
DSC_0033




・シャンパン もといスパークリングワイン
・スジ肉煮込み(糸コンニャク、大根、スジ、うどんだし)
・平貝 ポン酢
・フライパン焼きそば(豚肉、もやし、蒸し麺、紅ショウガ)油は使わず豚肉の油で十分。さっぱり醤油味。

バーバ ハピーバースディ
とくは手作り万華鏡
さくらは笑顔
ももは手作り宝石箱 プレゼント
DSC_5415




マドは、バーバがそろそろ欲しかったもの!! しかも白蛇 ヤッター。
ところで、ももは、惜しくなって、バーバのプレゼント持ち帰ってしまった。
“バーバかえしてネ” 
“ウン イイヨ” 
“またいつかちょうだいネ” 
“sock away いれるから”