人気のない、暗い廊下を歩いてロビーに向かう。
しーんと寒気と早朝の何とも言えないしっとりとした空気が漂ってくる。
1月1日、郵便ポストに溜まっている新聞を取りに行く。
あれ、千佳ちゃんからお手紙がきてた。
待ちきれずにエレベーターで見る。

「愛をくれたのは
相手の人ではありません。
あなた自身が
愛を生み出したのです。
でもその人は
あなたから愛を
ひき出してくれた
大切な人です。
 Words & Verse by Shome Yoh  」

ひとりのさわやかな1月1日元旦
ちょっと寝坊したのは、夢にたくさんのご先祖様がでてきて、お話をしていたから・・・・・。
ハッと気づくと、5時を回っていた。海の上、舟に乗り、旅を続け、学び、くじらやらを追いかけて、ヨットに帆を張る夢だった。赤やだいだい色に輝くブラウス。どちらを着ようかと迷っていた。下は白のタイトパンツ。目が覚めると、シャワーを浴び、本当に白のパンツをピタッとはいた!!
今日はまず、アカスリに行こう。そう言えば1月1日東京に来てから、よくアカスリに出かけている。元旦も開いているって助かるなあ。
そして、その前に、スパゲティミートソースをこしらえて、コーヒーもポットに。アップルパイも!! 
お休みの日は、毎日ヒロ君がおいしい夕食を作ってくれる。 いつも食い逃げでは悪いナあ。
せめて昼食くらいは!!

「種子の寿命 キュウリは127年
植物の種子は何年ぐらい保存しても芽が出るのでしょうか。キュウリは127年。コムギは20年。牧草のギニアグラスは8年・・・・・。キュウリの種子は薄いけれど最も長寿でした。一方穀が堅いコムギの種子は短め。‟種子の寿命は、見た目の丈夫さはあまり関係ない。油分の多い種子は短命などという説はありますが、他にも多くの要因があり、今後の研究で明らかにしていきたい。” と、遺伝資源センター山崎福容さん。同じ植物であっても野生種と育成品種では寿命が大きく異なる。ダイズの原種ツルマメの寿命はダイズの倍の30年。種子の老化には、種子に含まれる脂質が酸化して変質してしまうなど、科学反応が関係しています。 増井のぞみ 」

ハチは二度寝で、私のベッドの中にもぐりこんでいる。
DSC_0566




ろくもベッドルームで・・・・・。
私はひとりリビングで、ボスベービーのCDを聴いて、ゆったりと。
模様替えをしたから、より快適になった。
DSC_0561




今日はヒロ君が、金ちゃん銀ちゃんの水をかえてくれる。
みんなそれぞれに、1月1日を迎えました。
ありがとうございます。
今年もよろしくお願い致します。

1月1日朝
DSC_0558