朝焼けが広がる。すっかり秋だ!!
とくの学校も始まり、夏休みの宿題のチェック。
朝早く起きて電車を乗り継ぎ小学校へ通学する。帰りは、シーやグレース、ママにパパと総動員で学校へお迎え。それからお稽古ごとのピアノ、バレエとフル活動。家に帰っての食事は6時。お風呂に入って宿題をしてと、ビッシリのスケジュールをこなす。
DSC_2642















体力勝負だ。幼いうちから、頭と体全身を鍛えてゆく。体を賢く頭と心は強く!! 
からだと頭のバランスが大切だ。しかもその方向。けっして体を強く、頭を賢くではいけない。絶対体を賢く、頭を強くだ!!
体は賢くないと環境の変化に対応できない。手、足、指、お腹、背中、脇の下、目、口、耳、皮膚と、すっごいすばらしい機能を持っている体。常にしなやかに伸び伸びと、それらを十分に動かすことができたら最高だ。そして頭、考える力、負けないチャレンジする好奇心、頭は強くだ!!
とく、がんばれ〜。
バーバもがんばる。今日は2歳のさくらのバレエの日だ。‟さくらバレエがんばって!! バーバご褒美準備するからネ” だけどいつも・・・・・。 ‟さくらバレエがんばった?” ‟がんばらなかった!!” と、アハハ。 2歳のさくら。とくも、もももそうだった。環境をつくるだけでいい。まずレオタードを着て、バレエシューズをはくだけでOK。そして、先生にご挨拶ができたら、二重丸。
そうやって少しずつ3歳になって4歳になって・・・・どんどんできることが、一つ一つ増えてゆく。
いそがないで。  体を賢く、頭を強くするにはたっぷりと時間が必要だ。
さあ、私もトウシューズを今日も履こう!!
ラ・トミオカで2足目のレガートをお願いしてきた。トウがほつれて中の布が見えだした。いい履き心地だ。足を入れなくても、自分で立っているトウシューズ。不思議な靴だ。だから、バーババレリーナでも、すくっと高ーく立てる。いい靴と出会えた。
賢い体、強い頭づくりに励むと、毎日が新しい出会い、絆、できたことが積み上がってゆく。だからうれしい。

「生きているということ
いま生きているということ
それはミニスカート
それはプラネタリウム
それはヨハンシュトラウス
それはアルプス
すべての美しいものに出会うということ
そして
かくされた悪を注意深くこばむこと  
   谷川 俊太郎   」