大納言小豆140g買う。ぜんざいを作る。
,気辰反綫いして、たっぷりの水を入れ強火にかける。沸騰したら10分間煮て、小豆をざるにあげて、ゆで汁を捨てる。
△兇襪ら、小豆を鍋に入れ、水4カップを加え、強火で小豆が指でつぶれるくらい柔らかくなるまで(約50分間)煮る。
砂糖140gを加え、10分間煮て味をなじませる。
せ転紊欧鳳を一つまみ入れる。
うちの砂糖は三温糖にして、まろやかに甘みをだす。
トウシューズで汗をかき、身体がコチコチで疲れると、甘いものが欲しくなる。このぜんざいもスープと一緒で、朝夕2回火をいれるので、2〜3回食べることができる保存食だ。
このぜんざいを作る1時間けっこうたいへんそうだが、ただ火にかけておけばいいので、その間にサラダを作ったりカツオのタタキを切ったりと夕食が2〜3品できる。同時進行で段取りよくやれば、1時間ですばらしいディナーが完成する。
つくづく感じるのは、世の中 段取り力だ!!
私はぶきようだから一つの事しかやれないの、という人をみかけるが、大人になると集中力がなくなるから、同時進行で2〜3コ仕事をかけもちするのも悪くない。
私は常に、本を読むしても、仕事のスケジュールを組むにしても、ダイバシティで同時進行だ。
待ち時間、いつ飛び出すかわからないアイディア、すきま時間の有効性、効率など考えて・・・ この方法が一番仕事を楽しめるし、もしうまくいかなくなっても、次のA案、B案があるからストレスも少ない。
同時進行、ダイバシティはある意味ポートフォリオでもある。大切なものは一つのお皿にもらない。いくつものお皿につぎわける。そうしないと一つのお皿が割れてしまえば、すべてだいなしということになりかねないから。
だから、ダンスもクラシックバレエ、ラテン、ルンバ、チャチャチャ、ジャイブ、スタンダード、ワルツ、タンゴ、とやっている。
お店も直営50店舗、FC50店舗100店舗までにしたいし、会社も今6社で、あと1社シーチェリーで7社まで!!
ヘエー たいへんでしょう。
いえいえ、同時進行、ダイバシティ、ポートフォリオだから、煮詰まらないで、いつも新しい気持ちで取り組めるんです。