明け方見た夢は、胸がざわつくものだった。
実家にお客様がたくさんお見えになる。母は手料理のご馳走を用意していた。まずは冷たいビールから。カンパイ!!と、食器棚に急ぐ。妹たちにも、手伝ってほしいが、段取りが悪く動かない。扉を開けるとグラスが割れていたり汚れていたり、使えそうなものが一つもない。えー、ワイングラスもあんなにあったのに・・・・、シャンパングラスは底がかけているし・・・と、棚の中やらを探し続ける夢だった。
現実に戻り、バラを活けたグラスを、お皿にかえて、10日目の華をいかしてみた。洗ったグラスを食器棚にうつす。よかった。ずらりとグラスは並んでいる。
もしか、なにかの暗示か?

「2025年7月に起こること。
インドに行っているときに、これから起こる大災難の夢を見ました。たとえるなら、ドロドロのスープが煮え立ったとき、ポコンとなるように、日本列島の南に位置する太平洋の水が盛り上がる・・・・。そんな映像が見えたのです。海底火山なのか、爆弾なのか、そこまではわかりませんが、そしてつい最近、また同じ夢を見ました。今度はしっかりと。その災難が起こるのは2025年7月です。私は空からの目線で地球を見ていて、Goole Earth と同じと言えば わかりやすいかと思います。突然、日本とフィリピンの中間あたりの海底がポコンと破裂(噴火)したのです。その結果、海面では大きな波が四方八方に広がって、太平洋周辺の国に大津波が押し寄せました。その津波の高さは、東日本大震災の3倍はあろうかというほどの巨大な波です。その後の衝撃で陸が押されて盛り上がって、香港から台湾、そしてフィリピンまでが地続きになるような感じに見えたのです。 私が見た未来 完全版 たつき諒 」

ハッと気づいたら、バラの花びらで遊んでいるろくがいた。
DSC_1019















少し胸騒ぎが、ろくがむしったバラの香りでおさまった。
DSC_1018




2025年7月 まだ準備の時間がある・・・・。